ゴローのゲーム語録

自分が嵌っているゲームについて書いてます。リンク・あんてな追加ご自由にどうぞ。 ポケモン 冒険者ギルド物語2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トリパの定義 for ローテ

はじめに
 「トリパ」と呼ばれるものがある。「トリックルームパーティー」の略であり、その内容は「トリックルームを勝ち筋のメインとする」や、「勝ち筋の大部分をトリックルームに依存する」といったように説明されることが多いようだ。しかし、そういった説明ではどの構築がトリパなのか非常に不明確で、どうにも気持ちが悪い。どうせ分類するならできるだけ綺麗に分けたいという個人的要請から、トリパについて"定義"していきたいと思う。



議論
 「トリックルームを勝ち筋のメインとする」といった説明に基き、これをより明確にしていくとする。「トリックルーム」を勝ち筋にするのだから『トリックルーム起動ポケモンがいる』ことが第一条件となる。また、"勝ち筋のメイン"ということから、「(勝利)試合の50%以上がトリックルーム起動に依るものである」と定義可能である。しかし、こういった分類は明確ではあるが計測を必要とするので好ましくない。そこで、便宜として「PT面子の50%以上がトリックルーム起動の展開に関わる可能性が高い」と置き換えることにする。6匹の50%なので、この場合3匹以上を指す。

 それでは、「トリックルーム起動の展開に関わる可能性が高い」とは、どういった条件が適当だろうか。「トリックルーム」の対極のような戦術に「追い風」がある。実は「追い風」が活きる素早さには下限が存在すると私は認識している。それは、2倍すると最速ガブリアス(実数値169)を抜ける実数値である 85 だ。ガブリアスは多くの大会で最も使われているポケモンであり、これより早いラティオスやライコウを抜けないとしても、ガブリアスを抜けるなら「追い風」をする意義は十分にある。これより遅い素早さとなると、途端に「追い風」を打つ意義は薄まる。

 「追い風」展開が得意なPTへの切り替えしとして有効な「トリックルーム」であるから、トリル下で動くポケモンは、「追い風」構築の基準であるS85という数値より低い素早さであるのが望ましい。したがって、「追い風」展開より「トリックルーム」展開に関わる可能性が高いのは、実数値85未満のポケモンと言って間違いないだろう。

 以上から、「トリックルームを勝ち筋のメインとする」は、『トリックルーム起動ポケモンがいる』かつ『素早さ実数値85未満のポケモンが3体以上いる』と言い換えられた。これが私が考える「トリパ」の定義である。


定義
トリパ(トリックルームパーティー)は、
 『トリックルーム起動ポケモンがいる』
 『素早さ実数値85未満のポケモンが3体以上いる』
の両方を満たす構築を指す。


おまけ
構築例(「」で括ったのがS85未満のポケモン)
霰壁カイリューブシン
 「ユキノオー」 カイリュー ヒードラン ライコウ 「ローブシン」 「ブルンゲル」
ライコウの壁サポートからローブシンがビルドアップを積み、ブルンゲルのトリックルームから積んだローブシンが攻める展開が得意である。ローブシンが苦手ならカイリューやラティオスにユキノオーが強い。メインとするトリル展開以外にもカイリューがりゅうのまいを積んでいく攻め方、またトリックルームが切れてもローブシンのマッハパンチやユキノオーの氷の礫といった先制技で相手を縛っていく戦術もあり、決して単調な組み方になっていない。
 また、この構築の原型はみーたろパ(通称)であるが、こちらはユキノオーの素早さがCSなのでトリル展開での動きやすさが下がっており、トリパの定義にも該当しないためトリパではない

ココドラン(ココブシン) ※トルネ入り版解説
 ヒードラン 「ココドラ」 ラティアス トルネロス(エルフーン) 「ローブシン」 「ブルンゲル」
PT名はココドランとされているが戦術の軸は明らかにココドラ&ローブシンであり、個人的に正しい名称は「ココブシン」だろうと考えている(まあ本人がココドランと言い張ればそれが通るが)。追い風トルネロス(エルフーン)とトリルブルンゲルが両方入った構築であるが、PT面子の50%以上である3匹が追い風展開よりトリル展開に向いているので、やはりトリパである。がむしゃらで削った相手をローブシンのマッハパンチで掃除することで不利な相性を無視したり、トルネロスのビルドアップアクロバットで重たいブルンゲルを強引に倒したりといった展開もあり、柔軟性をしっかり確保してある。

バンギココドラキッス
 「バンギラス」 「ココドラ」 トゲキッス ドリュウズ 「サマヨール」 サンダー(等)
バンギラスドリュウズの組み合わせから「砂パ」と呼ぶ人もいるかもしれないが、ドリュウズの勝ち筋を本当に通したいなら相手の追い風・天候上書きを更に切り返せるよう、こちらも追い風・砂嵐要員を仕込むべきである。しかし、信頼性の高い追い風要員であるスイクン等は採用されておらず、ドリュウズによる勝ち筋は強いとは言えない。寧ろ鉄球バンギ、ココドラを軸にサマヨールのトリル展開で攻める方が向いている。個人的に鉄球バンギ+ココドラでのトリル展開はそこまで信頼できるものではないため、「トリル展開の方が得意な面子が多いのにトリル展開がそこまで強くないトリパ」といった何ともパッとしない構築に見える。

・リィズトリパ(通称) ポケモン特集号第9号(TGA)の構築紹介記事より
 ラティアス 「ローブシン」 シャンデラ 「ドータクン」 「カビゴン」 カイリュー
 ラティアスの壁願い事サポートからビルド火炎玉ローブシンまたは腹太鼓カビゴンで積む機会を作り、裏から投げたドータクンのトリルから一掃を狙う構築。。ギミックを断ち切る対抗策を用意しておかないと、壁→積み→トリル→蹂躙の流れで綺麗に片付けられる。「積みは先、締め(トリル)は後」を標語に掲げている点は、トリパを考える上で重要視したい。火炎ローブシンはトリパの弊害となるモロバレルに強いのが特徴的かつ採用理由。トリル展開の弊害になりやすいクレセリア等への遂行速度が高い眼鏡シャンデラや、トリルがなくても強く壁願い事とシナジーがあるカイリューを入れているのもポイントか。


トリル始動役ランク
 評価ポイントは、耐久(一撃死しにくいか)、状態異常耐性(特に混乱催眠)、挑発耐性である。ポケモン自体の汎用性は無視して、単にトリル始動しやすいかどうかだけ着目してある。

Sランク 十分な耐久値があり、状態異常耐性がある
ドータクン@ラムorメンタルハーブ ブルンゲル@襷 サマヨール@進化の輝石

Aランク ある程度十分な耐久はあるが、弱い積み技持ちがいる
クレセリア@ラムorメンタルハーブ シャンデラ@襷

Bランク 何かしら不安要素はあるが、トリルを始動できる機会も多め
ドータクン@ラムメンハ以外 ブルンゲル@ソクノ クレセリア@ラムメンハ以外 ユクシー ムウマ@進化の輝石 ムウマージ@襷 エーフィ@襷(マジックミラー) ヨノワール@メンタルハーブ ヤドラン@ソクノ(マイペース) ランクルス ジュペッタ@襷(不眠)

簡単な解説
Sランク:A204バンギラスの鉄球投げつけるを耐える、C216シャンデラの眼鏡シャドーボールを耐える、A200ハッサムの剣舞虫食いを耐える、パルシェンの破り連続技を耐える、カイリキーの爆裂パンチによる妨害を受けないor挑発による妨害を受けない。ドータクンはハッサムの剣舞珠虫食いやシャンデラの大文字に不安要素を抱えるが持ち物にラムやメンタルハーブを持てるのを評価。

Aランク:A204カイリューの舞珠逆鱗を耐える、C216シャンデラの眼鏡シャドーボールを耐える、パルシェンの破り氷柱針を耐える、カイリキーの爆裂パンチによる妨害を受けない。クレセリアはハッサムの剣舞虫食い、シャンデラはパルシェンの破りロックブラストやガブリアスの剣舞チョップに不安要素を抱える。

Bランク:それぞれ一長一短があり、短の部分が無視できないポケモン達。最低限の条件として、A200ガブリアスの鉢巻ダブルチョップを耐える、カイリキーの爆裂パンチが抜群でない、を設定してある。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/13(月) 23:36:13|
  2. (BW)ローテ64
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【大会告知】ローテーションタッグバトル@砂嵐放送【2/26開催】 | ホーム | 素直なバンドリ&サマヨなバンドリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boubangi.blog28.fc2.com/tb.php/190-03765282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。