ゴローのゲーム語録

自分が嵌っているゲームについて書いてます。リンク・あんてな追加ご自由にどうぞ。 ポケモン 冒険者ギルド物語2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ローテ】メガバンギランド【暫定1839pt】

構築
※乱数で落ちる確率は、急所率込み&命中考慮外
バンギラスバンギラスN意地っ張り 207(252)-202-171(4)-x-140-123(252)
メガバンギラスすなおこしいわなだれかみくだくけたぐりりゅうのまい
A182ガブリアスの鉢巻地震が 乱1 (3/16)
A+1けたぐりで Hメガガルーラが 乱1 (7/16)
ランドロス命の珠 臆病 165(4)-x-111(4)-182(244)-101(4)-153(252)
ランドロス力ずくだいちのちからサイコキネシスきあいだまじわれ
大地の力でHギルガルドを 確1
気合玉でHメガガルーラを 確1
ギルガルド食べ残し控えめ 167(252)-x-171(4)-112(252)-170-70
⇔167(252)-x-71(4)-222(252)-70-70
ギルガルドバトルスイッチシャドーボールラスターカノンみがわりキングシールド
C110スイクンの波乗りを 身代わりが確定耐え
シャドボで177-120メガハッサムを 乱2 (87.86%)
トゲキッス拘りスカーフ臆病 175(116)-x-118(20)-155(116)-136(4)-145(252)
トゲキッスてんのめぐみエアスラッシュだいもんじおいかぜトリック
A200ハッサムの命の珠バレパンが 乱1 (1/16)
エアスラで無振りガブリアスを 確3
クレセリアゴツゴツメット図太い 227(252)-x-182(204)-95-157(52)-105
クレセリアふゆうムーンフォースどくどくつきのひかりトリックルーム
C222ギルガルドのシャドボ急所が 乱1 (1/16)
(残りB)A237メガバンギラスのA+1かみ砕く+砂ダメ 耐え程度
マリルリオボンの実意地っ張り 206(244)-112(252)-101(4)-x-101(4)-71(4)
マリルリちからもちじゃれつくアクアジェットほろびのうたはらだいこ
A+6アクジェで183-116ガブリアスが 乱1 (11/16)
C177ボルトロスの10まんボルトが 乱1 (3/16)

背景
 身辺が落ち着いてきたので久しぶりにローテレートに潜るために組んだPT。環境に多いと聞いていたガルーラサザンドラギルガルドピクシー辺りへの意識を中心に相性補完重視で組んだ。


全体解説
 まず注目したのは夢特性:力ずく の化身ランドロス。ガルーラより素で早く、ギルガルドを一撃で葬ることができる。トゲキッス、クレセリア、ファイアローなどの浮いてるポケモンに強くないので、相性がいいバンギラスと組ませた。

ランドロスでギルガルドやジバコイルを沈めに行く際に、風船の可能性を排除できてガブリアスにも強いトゲキッスを加えた。ここまでで鋼とフェアリーの一貫が酷いので、ギルガルドを入れて多少強引に補完した。

更に、特にメガデンリュウを軸としたトリパへの対抗手段になるクレセリアを採用。数値が高めなのでそれ以外の場面でもクッションとして使いやすい。最後に水技の一貫を下げられるポケモンを探した結果、構築全体が特殊に偏ってたので物理技が強いマリルリを採用して終わり。

勝ちパターンとしては、トゲキッスを中心として相手を削って、ギルガルドやマリルリ、あるいはランドロスで〆る試合が多い。メガバンギはHS配分を選択したせいか、舞っても試合を決めてくれるだけの決定力は発揮できていなかった。

クレセリアを選出してトリル軸で展開するパターンは多くなく、トゲキッスやランドロスをチラつかせながらギルガルドの身代わりから勝ち筋を探っていく展開が有効だった。

要対策ポケモンである天然ピクシーに対しては、ランドロスの地割れ、トゲキッスのスカーフトリック、クレセリアの毒々、マリルリの滅びの歌 の4つを対策として仕込んでいる。ピクシーは本当にヤバいポケモンなので、これくらい対策して十分なくらいだと言える。


個別解説
★バンギラス
 ランドロスと並べて相性がいいので採用。メガガルーラに比べて相手のトゲキッスやファイアローに強く、竜舞でSを上げられて不意打ち耐性がある点が優れる。一方で、ストーンエッジを採用しないと技の威力が不足気味。ギルガルドを含む並びに撃ちやすい地震が好まれる構築もあるだろうが、この構築ではメガガルーラを打ち合う場面が非常に多かったので、最も打点が高いけたぐり(威力100)を推奨している。
 最も自己完結している意地っ張りHSの配分で使ったが、火力を伸ばす方向に調整し直す余地は大いにあるように感じた。トゲキッスのエアスラとけたぐりの連携でメガガルーラを倒せる調整にするなどは考えている。


★ランドロス
 ガブリアスと比べて特殊打点であること、地面無効耐性があること、が優れる。物理バンギラスや物理ガルーラと並べる地面としては、物理特殊で分けられる力ずくランドロスが優れている場面は多いかもしれない。欠点は相手のガブリアスより遅いことだが、今回の構築ではトゲキッス、マリルリ、ギルガルドなどと並べることでガブリアスとの殴り合いが起こらないように組んでいるため、実際には地震を透かしながら殴れる場面ばかりだった。気合玉は外れるので過信はできないが、ガルーラサザンドラで並べられて面倒になってぶっぱする機会は多かった(当たると気持ちいい!)。


★ギルガルド
 トリパ対策が面倒すぎたので、身代わりキングシールドでトリルターンを潰せる型でギルガルドを採用した。身代わりもキングシールドも下手に使うと隙を晒すだけの技になってしまうので、扱いになれるにはかなり試合数が必要だった。構築全体にハッサムが刺さっているので、唯一対抗できるギルガルドで頑張って何とかするしか勝ち目がなくなる。序盤に動かしたくなるポケモンだが、終盤まで残れるかどうかが試合を左右するポケモンでもあるので、扱いは大切に。

 なお、S70になっているのは非理想値色違いを無理に採用したから。役立ったことがない数値なので、S80以上に設定した方がいいに違いない。


★トゲキッス
 スカーフを持てばガブリアスを上から何もさせずに潰すし、ギルガルドの風船割ってソードフォルムのまま沈黙させるしで、異常な強さを発揮した。天敵であったブルンゲルが激減したことで枷が外れた。怯ませないで返り討ちに遭うより呪われて置物になる方が何倍も怖いので、使用感にもたらされた変化は大きい。ハッサムに薄い構築なので、せめてバレパンですぐ撃ち落とされないように珠バレパン耐えまで耐久に振った。また、奇襲してハッサムを倒せる炎技を持たせている。


★クレセリア
 初めはランドロスを活かせるよう重力を覚えさせて使っていたが、そもそもランドロスとクレセリアを同時選出する機会があまり多くなく、あったとしても片方が控えにいて重力大地の力ギミックは使い勝手が悪かった。そこで、相手にピクシーがいた場合でも腐らないよう毒々を覚えさせたところ、この技の使い勝手がかなりよく、選出機会も増えた。

 ローテーションバトルにおける毒々の使い勝手は、環境がXYに代わり天然ピクシーとかいう化け物が台頭したことで大きく変わった。天然ピクシーという明確な仮想敵以外にも、クレセリアミラーで有利になりやすい、水ロトムなどを毒々エアスラのコンボで削れるなど、使える場面は少なくなかった。


★マリルリ
 相手の太鼓ジェットマリルリに薄過ぎたので、太鼓ジェットに耐性があって等倍で殴れるマリルリを採用した。サザンドラに強いのもかなりありがたい性能で、前身構築にマリルリを加えてから一気に勝率が改善していった。ニョロトノの性能が大幅に弱体化した今、最も腐りにくい性能を備えた滅びの歌役として、滝登りを切った型でシーズン1から使っていたが、ピクシーがシーズン2で増殖している話を聞いて今回も滅びの歌を覚えた型で採用を決めた。

 滅びの歌は対ピクシー以外にも最後の詰めとして用いることができる技で、例えば相手のギルガルドのキングシールドのターンに使い、その後のキングシールドにリスクを与えることで詰めやすくできる。隣のギルガルドやクレセリア、トゲキッスでターン稼ぎできるのも相性良好であった。


反省点
 相手の悪戯身代わりに対抗する手段がなく、威張る身代わりゲーをされると不利択を強いられてばかりであった。この点に関しては、メガバンギラスをメガガルーラに変えて調整してみると改善するかもしれない。しかし、控えに変わりものメタモンを仕込んでいる相手の場合、ガルーラで無闇に倒しに行っても利用させるだけなので難しい所である。


融通点
・メガバンギラスの配分


おわり
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスター X・Y - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/02/21(金) 02:34:57|
  2. (XY)PT紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ローテ】壁ガルクシー【レート1856】

構築
※乱数で落ちる確率は、急所率込み&命中考慮外
ガルーラガルーラN陽気 181(4)-177(252)-120-x-120-167(252)
メガガルーラ親子愛おんがえしグロウパンチじしんからげんき
A+2恩返し(親子愛)で157-174ロトムが 乱数 (42.32%)
A+2地震(親子愛)で183-116ガブリアスが 乱数 (77.00%)
ニャオニクス光の粘土181(252)-x-140(252)-x-101-124
ニャオニクス悪戯心あくびリフレクターひかりのかべトリックルーム
A146ファイアローの鉢巻ブレイブバード急所が 乱1 (4/16) 
C172ロトムの眼鏡ハイドロポンプが 乱1 (3/16)
ピクシー食べ残し202(252)-x-137(252)-115-111(4)-58
ピクシー天然アシストパワーめいそうつきのひかりコスモパワー
A160ナットレイのジャイロボール(威力66)が 乱2 (17.26%)
コスモ3+瞑想2のアシパ(威力220)で無振りガブが 乱1 (15/16)
水ロトム拘りスカーフ臆病 130(36)-x-127-157(252)-127-147(220)
ロトム水浮遊10まんボルトハイドロポンプトリックどくどく
ハイドロポンプで183-105ガブリアスを 確2
最速ギャラドス(80族)抜き
ガブリアス気合の襷陽気 183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)
ガブリアス鮫肌じしんドラゴンクローいわなだれどくどく
岩雪崩で197-121フリーザーを余裕を持って 確1
地震+鮫肌でHメガクチートを 確定倒し
ギルガルド命の珠勇敢 167(252)-222(252)-70/170-171(4)-70/170-72
ギルガルドバトルスイッチせいなるつるぎシャドーボールアイアンヘッドキングシールド
聖なる剣で207-171メガバンギラスを余裕を持って 確1
シャドボで147-174輝石サマヨールを 確2

背景
※読み飛ばし推奨です
XYローテ環境が始まってしばらくした11月上旬。
私は、2匹の邪悪なるポケモンが地の底から這い出てこようとしていることに気がついた。

1匹目は ラッキー。

地球投げの遺伝技追加が判明したのが10月末。
BW初期の混沌を彷彿とさせる悪魔だ。

そして、2匹目は ピクシー。

タイプがフェアリーに変わり、聖なる剣と爆裂パンチが半減になった。
ラッキー対策に聖なる剣やドラゴンタイブを思案していたが、ピクシーには通用しないことに気付き悪寒に襲われた。

どちらも ちいさくなる を覚えるため、対策を全く講じない場合は蹂躙必至である。
そんな悔しい負け方はしたくなかったので、ラッキーとピクシー対策を考えた。

考えるに考えた。
ラッキーを倒すのに格闘ポケモンを採用するのはどうだ。
答えは、ノーだ。ファイアロー環境下ではまともに動かせる格闘ポケモンは皆無だ。

ギルガルドならどうだ。聖なる剣でラッキー、鋼技でピクシーを倒せそうだ。
答えは、ノーだ。ラッキーには強いが、壁を貼られたピクシーにはなす術がない。

壁に合わせてギルガルドやハッサムで剣舞を積むのはどうだ。
答えは、ノーだ。ピクシーの夢特性は天然。こちらの積み技を無効化してくる。

滅びの歌が使えるニョロトノを採用するのはどうだ。
答えは、やはりノーだ。メガバンギラスの砂起しがどうしようもない。勝率を上げられない対策は対策たりえない。

まともな対策が思いつかないなら自分でピクシーを使うのはどうだ。

答えは、イエスだ・・・ッ


全体解説
壁張り+ピクシーのまともな対策が思いつかなかったので、自分で使うことに決めて考え始めた。ピクシーはアシストパワーが使えるので、ラッキーよりもTOD耐性が高めなのが個人的に好ましい。

最強の壁張り役であるニャオニクスをサポート役として採用。悪戯心により先手で貼れるため、光の粘土を持たせやすい。ローテの基本は「並び単位」で考えることなので、ニャオニクスピクシーと並べて相性がいいポケモンを探した。

ニャオクシーの弱点として
①挑発の一貫性
②拘りトリックの一貫性
③すり抜けシャンデラの一貫性
④眼鏡ジバコイル、ココドラの一貫性
⑤バンギラスの処理速度
などがあった。これらをまとめて対策できるポケモンを考えた所、メガガルーラに行き着いた。

メガガルーラは、
①グロウパンチで積めるので挑発に強い
②メガシンカできるポケモンにトリックは無効
③すり抜けシャドーボールを無効にでき、襷シャンデラなら親子地震で上から倒せる
④頑丈ジバコイルもココドラも親子地震で倒せる
⑤ノータイムワンパンはできないが、グロパン地震でバンギも十分押せる

と、全てを見事に解決してくれた。

4枠目は、この3匹でカバーし切れない範囲を補えるポケモンを詰め込むことにした。

ピクシーミラーに強く地面技の一貫性や鋼の一貫性を下げられるスカーフトリック水ロトム。

とりあえず見せておけば強いガブリアスに、竜舞ガン積みしたメガバンギも止められるよう襷毒々を搭載(ピクシーミラーでも有用)。

メガルカリオに圧倒的に強く、バンギラスも処理できそうな聖なる剣ギルガルド。

以上で6匹揃って構築は完成した。
実際の対戦では、上から4匹の選出が9割で、ガブリアスとギルガルドの出番はほとんどなかったので見せポケに等しかったと言える。


個別解説
★ガルーラ
壁下で積めるグロウパンチと、襷シャンデラやジバコイルココドラを処理するための地震は確定。残りは恩返しとゴーストを殴るためにかみ砕くと言いたい所だが、鬼火環境が悩ましかった。そこで火傷無効で一致威力140を出せる空元気を採用して恩返し空元気で使ってみた所、非常に好感触だったのでこの構成に落ち着いた。

メガシンカ前は肝っ玉なので、サマヨールにグロウパンチをして鬼火を貰って、次にメガシンカしてA+1親子空元気をぶち込むのが非常に爽快だった。ピクシーを見て鬼火や毒々を選ぶ相手が多かったので、空元気が役立った試合は多かった。火傷しなくても火力を出せる恩返しも切れないだろう。

ニャオニクスとの相性はシングルやダブルでも周知の通りだが、ローテだと鈍いナットレイやサマヨール、スカーフトゲキッスなどのせいで猛威を奮いにくく、メインの軸としては心もとないと思う。今回はピクシーをメインとしてサブ軸として運用したため非常に嵌ってくれた。

残飯身代わりサンダーを上から倒したかったので陽気ASにしたが、他の配分を試す余地はある。


★ニャオニクス
最強の壁張り役という説明だけで十分。壁以外に欠伸も使えるので置物になりにくいのが非常に強い。
トリックルームはめったに使わなかったので、神秘の守りに差し替えてもいいと思っている。


★ピクシー
なんといっても特性:てんねん(相手のランク変化を無効) が強力。ローテの定石に「壁対策には積み技」という言葉があるが、そんな定石を指ではじき飛ばす様は化け物か悪魔のよう。

食べ残しを持たせ、コスモパワーと月の光まで確定。砂嵐や雨が永続でなくなったので、月の光の使い勝手がかなり向上している。攻撃技はアシストパワーと新技ムーンフォースが選択になるが、ムーンフォースだとラッキーや鈍いナットレイ、天然ヌオーにTODされそうと思ったので、より最大火力が高いアシストパワーを選択した(天然はランク変化を無視するが、アシストパワーの威力は無効にしない)。

初めに使ったのは、アシストパワー/小さくなる/月の光/コスモパワーだったが、なんとフル積みしたアシストパワーでも輝石ラッキーの身代わりを割れなかったので、頭にきて小さくなるを切って瞑想に変えた。

コスモ3回、瞑想2回を積んだアシストパワーでようやく無振りガブリアスを倒せる火力になるため、展開は非常に遅い。しかし、展開の遅さにより相手に積み技を許してもそれを天然で無効にするので、あまり問題にならない試合ばかりだった。

※アシトパワーは威力20で、ランク変化+1 ごとに威力+20 される。コスモ3回、瞑想2回の順で積んだ場合の威力変化は、20→60→100→140→180(C+1)→220(C+2)  となる。

天敵は挑発や鉢巻コメパンメタグロスなどではなく、一撃必殺技である。特に無効にしにくくワンパン処理も簡単ではないフリーザー(絶対零度)と型破りドリュウズ(地割れ、角ドリル)が洒落にならない。この構築を使って負けた試合は30試合中4回だが、その3回が一撃技を連打連続命中で崩されたものである。

最強戦術と信じた壁天然積みを崩せるので、解禁前ローテの最強戦術はスカーフ一撃技である という結論に至った理由である。

初めの4匹だと本当にどうしようもなかったので、ガブリアスとギルガルドに苦し紛れの対抗策を仕込むことで気休めとした(後述)。


★水ロトム
ガャオクシーの3匹が目立つが、スカーフ水ロトムの採用こそ妙案だったと自負している。

拘りトリックはラッキーや天然ピクシー対策としては最も決定力があり(挑発は交代でリセットされてしまう)、合わせられれば一回で勝負を決められる。いくらメガシンカポケモンに無効であっても最も信頼がおける対策だろう。トリックを外してもピクシーミラーに勝てるように、毒々を仕込んだ。相手のバンギラスやバルジーナに当てて毒殺すればアシパ無効など問題ではなくなる。

眼鏡でなくスカーフを持たせることで、スカーフトゲキッスを上から叩いたり、竜舞バンギラスや竜舞メガギャラドスに毒々を撃てるのが偉い。眼鏡は眼鏡で壁下で殴れるので弱いことはないが、広範囲にメタを任せたい枠なのでスカーフのがいいだろう。

配分はガブリアスをハイドロポンプで確定2発にする火力を確保し(Cぶっぱ)、最速ギャラドスを抜いて残りHとした。スカーフ補正込みでメガプテラを抜くこともできるが、数が少ないし抜かなくてもどうとでもなると思ったので無視した。


★ガブリアス
バンギラスとか牽制してくれたら嬉しいな枠。

初めは適当に鉢巻を持たせていたが、敗北パターンがスカーフフリーザーやスカーフドリュウズに絶対零度や地割れを連打されて崩されるばかりだったので、これらに対抗できるよう気合の襷を持たせて岩雪崩地震を搭載した。理想とする動きは、スカーフ絶対零度を襷で耐えて岩雪崩でワンパン処理、そしてバンギラスに毒々を入れて退場、といった感じである。

鮫肌があるのでギルガルドと合わせてココドラ選出に圧力かけられるのも偉い。


★ギルガルド
メガルカリオに圧倒的に強くバンギラスも処理できるポケモンとして採用した。圧倒的に強いポケモンたらしめるため、命の珠聖なる剣を搭載。メガガルーラも乱数だが落とせるようになる。

アイアンヘッドでフリーザー、聖なる剣でドリュウズを倒せるので、1回避けられれば返り討ちにできるという最低限の一撃技耐性も評価できる。

HA振りなので霊技はシャドークローや影撃ちを選択したくなるが、霊技を最も当てたいポケモンであるサマヨールに鬼火されても撃てるようシャドーボールを推奨したい。無振り無補正珠シャドーボールはC特化アイテム無しシャドーボールの火力に匹敵し、Dに多く割いたサマヨールも確定2発にできるため十分強い。


融通点
・ニャオニクス トリックルーム⇔しんぴのまもり


感想
長期メンテ前に使っていて、ローテレート1856pt(現6位)に載せるまで使っていた。個人的にレート1830pt を壁に感じていたので、それを乗り越えられた構築として非常に満足した。

この構築の面子を参考にしてるらしい人もローテレート5本指に入ってると聞いたので、やはり完成度の高い6匹と言えそうだ。ムーバ解禁と同時に挑発ヒードランや挑発ボルトロスが使えるようになり、トリックを持ったラティオス、トゲキッスも増えるのでグッと使いにくくなると思う。使われる側だった人は安心してくれていい。
おわり

テーマ:ポケットモンスター X・Y - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/12/20(金) 01:55:04|
  2. (XY)PT紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【ローテ】レーティング使用構築1830pt達成【ルリナット+リザY】

構築
※乱数で落ちる確率は、急所率込み&命中考慮外
バンギラスバンギラスN勇敢 207(252)-202-171(4)-147(252)-140-81
メガバンギラス砂起しかみくだくいわなだれだいもんじれいとうビーム
冷凍Bで無振りガブリアスを 余裕を持って 確1
A182ガブリアスの鉢巻地震が 乱1 (3/16)
ガブリアス命の珠陽気 183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)
ガブリアス鮫肌ドラゴンクローじしんストーンエッジ みがわり
地震で167-171ギルガルドを 乱1 (9/16)
ドラゴンクローで183-116ガブリアスを確1
リザードンリザードンN控えめ 185(252)-x-130(252)-198(4)-135-120
メガリザードンYひでりかえんほうしゃソーラービームエアスラッシュまもる
A112マリルリの力持ち太鼓ジェットを晴れ下なら 確2
ソーラービームで206-101マリルリを 75%以上削る確率が8割程度
マリルリオボンの実意地っ張り 206(244)-112(252)-101(4)-x-101(4)-71(4)
マリルリ力持ちアクアジェットじゃれつくたきのぼりはらだいこ
腹太鼓でお盆発動2n調整
ナットレイラムの実勇敢 181(252)-160(252)-152(4)-x-136-22
ナットレイ鉄の刺ジャイロボールタネマシンガンのろいねむる
A146ファイアローの鉢巻ブレイブバードが 確2
C189トゲキッスのエアスラッシュが 乱1 (1/16)
ニャオニクス光の粘土図太い 181(252)-x-140(252)-x-102(4)-124
ニャオニクス悪戯心リフレクターひかりのかべトリックルームあくび
A146ファイアローの鉢巻ブレイブバード急所が 乱1 (4/16) 
C172ロトムの眼鏡ハイドロポンプが 乱1 (3/16)


全体解説
XYローテで初めて組んだ構築です。対戦放送以外でレートを上げるときに使ってました。マイナーチェンジは繰り返しましたが、面子は同じままレート1830ptを達成しました。しかし、メガデンリュウやラッキーに薄いため解体。

XY環境下最強の壁張り要員であるニャオニクスを戦術の中心に配したのが特徴です。先手で壁を張れて耐久数値も耐性も悪くはないので、3回以上行動できる試合がかなり多いポケモンです。

壁を張ったらナットレイで鈍いを積んだり、マリルリで腹太鼓を積んで試合の主導権を握りに行きます。壁から積むだけで無対策な相手を完封できるので、レートを上げる目的としてはかなり理に適っていたと思います。

ナットレイを使う上で意識しなければならないのが、ナットレイミラーです。適当な炎ポケモンを採用すると流行っているマリルリに狩られてしまうのが難点なので、今回の構築ではHBに厚くしたリザードンYを採用することでその解決を図りました。

HBに厚くすると日照り発動込みで腹太鼓を積んだマリルリのアクアジェットを耐えることができるので、マリルリナットレイの並びに炎技を選びやすいのがこの型のリザードンの特徴です。序盤はナットレイと当たらない対戦ばかりでファイアローにすればよかったと愚痴をこぼしてましたが、レートが上がるにつれて(また環境が進むにつれて)ナットレイと当たる試合が増え、リザードンYが活躍する機会が増えたので採用は正解だったと思います。

しかし、ナットレイが強いという認識が浸透し始めるにつれてメガデンリュウという天敵が台頭し始めたのが転換期となりました。サマヨールのトリックルームからメガデンリュウに「コットンガード」を積まれるとこの構築ではその時点でほぼ詰んでしまいます。

また、この構築で直接当たってはいませんが、「ちいさくなる」を積む進化の輝石ラッキーと当たっても勝ち目がないと悟っていたので、輝石ラッキーの目撃情報を耳に入れた時点で使用をやめました。


個別解説
★メガバンギラス
基本選出は、ニャオニクス、マリルリ、ガブリアス+ナットレイ が中心だったので、バンギラスの選出機会はほとんどありませんでした。リザードンが選出しにくい場合、飛行技に耐性を持ちながら炎技でナットレイを焼けるポケモンとして選出できるように特攻に厚く振っています。

初めはリザードンYとメガストーンが重複するので気合の襷を持たせていましたが、鮫肌ガブリアスの地震+鮫肌で落ちるため襷の安定感を活かしきれませんでした。またリザードンと同時選出をしないのでメガストーンを持たせました。

無振りでもAに補正をかけるだけでA202も確保できるのは流石と言えます。



★ガブリアス
相手のガブリアスをワンパンできるので珠以上の火力アイテムを持たせたいと思いました。鉢巻を持たせると地震でHギルガルドを倒せるようになるのが利点ですが、重力でも仕込まないと使いにくいと思ったので命の珠を選択しました。

身代わりは相手のロトムの鬼火フリーを牽制するために入れてましたが、代わりにコットンガードデンリュウへの耐性は下がってしまったので剣の舞の方がよかったかもしれません。ただし、剣の舞にしたからと言って勝てるかというとそれも怪しいです()


★メガリザードンY
日照り下でマリルリの太鼓アクアジェットを耐えられるようHBに振り切りました。元の種族値が高いのでCに補正をかけて4振りするだけでC198にもなります(控えめヒードラン相当)。CS配分などだとファイアローの鉢巻ブレイブバードでも縛られるので、HBに厚くしないリザードンYはかなり使いにくいと思います。

想定通り、相手のナットレイを含む並びにはかなり活躍してくれましたが、メガデンリュウに殴り負けるのが顕在化してくると悲しみを背負うことになりました。。 遺伝技の「りゅうのはどう」を持たせれば気持ち楽になりそうですが、根本的な解決にはならず構築単位での改善を強いられました。

ソーラービームがあるので、ファイアローよりも鈍い天然ヌオーに強いのは利点でしょう。

★マリルリ
数が多いであろうバンギガブの並びに強くてファイアローにも弱過ぎない、そして壁張りとも相性がいいので採用しました。同じく壁積み要員として採用したナットレイとは範囲も耐性も噛み合っているので相性がいいです。

やたら鬼火を撒く水ロトムが多いので、壁積みではなくトリル下から積まずに殴りにいくパターンも多かったです。あまりに構築がラッキーに薄かったので滝登りを切って滅びの歌を持たせたこともありましたが、それだとファイアローやシャンデラの処理が遅くなるので失敗だったと思います。


★ナットレイ
発売後しばらくしてXYローテ環境を見渡したときに、無対策の初見をボコボコに完封できる鈍いナットレイが最強ポケモンだと思いました。

実際に、壁張ってナットレイで積めば詰む相手はかなり多かったのでレート1800越えには貢献してくれたポケモンでした。しかし、繰り返し述べているようにメガデンリュウ相手だといくら積んでも勝てないので11月中旬にもなると評価は手のひら返し。評価が地に落ちることはありませんが、1830以上には貢献してくれなかった程度のポケモンという認識に今はなっています。

ちなみにこの構成だと防弾ブリガロンに何もできませんが、ブリガロン入りはほとんど見ないし、リザードンYという処理ソースもあるので大して恐れる相手ではないでしょう。


★ニャオニクス
壁張りとトリックルームを両方任せられるポケモンとしては、こいつ以外いないと思います。先手で壁を張れるので、壁+トリックルームを決められる試合は多かったです。

使う上で気を付けたいのは、リフレクターが切れるターンを覚えておくことです。対ファイアローをリフレクターで誤魔化す構築だったので、ニャオニクスにはリフレクターとトリックルームを決めてもらい、更にトリル下でリフレクターが切れた後にリフレクターを張り直すことを求められる試合が多いです。

繰り返しますが、トリル下でリフレクターを張り直せるタイミングでトリックルームを使うようにしましょう。これができれば疾風の翼ブレイブバードもあまり怖くないでしょう。

ニャオニクスのDに振ってロトムの眼鏡ハイドロポンプを耐えるように配分する人もいるかと思いますが、A146ファイアローの鉢巻ブレイブバードを1.5発耐えしにくくなるので個人的にはHBぶっぱ推奨です。

・A146ファイアローの鉢巻ブレイブバード 1発+壁込1発が 25.50%落ち

融通点
・ガブリアス 身代わり⇔剣の舞


感想
メガデンリュウという天敵を認識するまではめっちゃ強いからこれ結論パでいいんじゃね、と調子に乗っていたが、XY環境の洗礼を受けて痛い目を見た。ポケモンYを初めに購入したのもあってリザードンYには思い入れがあったため、活躍できる形で組みこめたのは満足している。リザードンの攻撃モーションめっちゃかっこいい。

ローテレートはまた違う構築を使って1850ptに乗せられたので、いまはリザYの次なる活躍の場をダブルレートだと目を付けダブルパーティを試行錯誤している。

おわり
  1. 2013/11/28(木) 01:19:57|
  2. (XY)PT紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【XY攻略】バトルハウス200連勝PT【ダブル】

バトルハウス ダブルバトル攻略パーティー
   
構築

ゲッコウガ命の珠臆病CS
ゲッコウガ変幻自在なみのりれいとうビームくさむすびたたみがえし
タイプ一致冷凍Bで無振りラティオスを余裕を持って 確1 ※ハウスのラティオスは耐える
タイプ一致草結びでHスターミーを余裕を持って 確1 ※威力80
サーナイト拘り眼鏡臆病CS
サーナイトテレパシーマジカルシャインサイコキネシスシャドーボール 10まんボルト
シャドボ+波乗りでHヨノワールが 確定で倒れる
A200ハッサムのバレパンで 確1
ガブリアスガブリアスN陽気AS
メガガブリアス砂の力じしんドラゴンクローいわなだれまもる
ドラクロで無振りガブリアスを 乱1程度
ファイアロー拘り鉢巻意地HA
ファイアロー疾風の翼ブレイブバードフレアドライブねごと
鉢巻ブレバで無振りラティオスが 乱1程度
無振りニョロトノの雨波乗りが 確2

全体解説
バトルハウスのスーパーダブルバトルで200連勝できたのでPTを公開します。とはいっても、以前公開したバトルハウス構築とほとんど同じなので解説を割愛しながら紹介します。

テレパシーサーナイトと変幻自在ゲッコウガを並べることで、マジカルシャイン&波乗りで広範囲に一掃を狙うコンセプトです。

40戦を超えるあたりから1ターンで一掃できなくなってきますが、そこでゲッコウガの「たたみがえし」が役立ちます。1ターン目は たたみがえし&マジカルシャイン で味方を無傷のまま相手を削ることができるので、続く2ターン目で一掃できるようになります。

更に連戦を重ねるとスカーフを持ったポケモンでゲッコウガの畳返しに先手を取るポケモンが少しずつ増えてきます。それらのポケモンは要注意ポケモンとして後述するので念頭に置いて戦うといいでしょう。

個別解説
★ゲッコウガ
草結びでスターミーをワンパンできたり、冷凍ビームでボルトロスをワンパンできるので珠が強い。無振りラティオスなら冷凍ビームでワンパンできるが、ハウスのラティオスは耐久に振ってるものが多いので耐える場合が多い。

ゲッコウガの畳返しに先手を取る要注意ポケモン(覚えているものだけ)

・テラキオン@スカーフ
聖なる剣でゲッコウガがワンパンされる。変幻自在前のゲッコウガなら悪タイプを見て格闘技を打ってくるので、岩技に怯えずファイアローを投げるとよさそう(ガブリアスは削られたくない)。ちなみに、わたしは毎回交換せずにゲッコウガを出落ちさせられているが、運もいいのか負けてません。

・ライボルト@スカーフ
ライボルトは高確率でスカーフを持っている。変幻自在前のゲッコウガの水タイプを見て電気技を撃ってくるので、ガブリアスに交代するのがいいでしょう。

・ボルトロス<ちょうはつ>
ボルトロス&ライコウで並んでくることが多かった。畳返しを選んだら悪戯挑発されて不発のまま隣のライコウに倒されたので、やはり電気ポケモンがいてガブリアスを出しても大丈夫そうなら毎回ガブリアスに交代した方がよさそうです。


★サーナイト
ドータクンやヤドランのような高耐久でトリックルームを使いそうなポケモンがいたら、迷わずシャドーボールを選び、ゲッコウガとの連携で倒しにいきましょう。トリックルームを決められると負ける可能性がかなり上がります。


★ガブリアス
火炎放射にしてましたが、70戦を超えてからナットレイを全く見なかったのでプテラなどの処理が早くなる岩雪崩の方が使いやすかったです。


★ファイアロー
ナットレイや高耐久の草ポケモンが初手で出て来たときに交代出ししやすいようにHAにしています。

ブレイブバードとフレアドライブしか撃たないので、不意の催眠に耐性が付く寝言が推奨されます。その寝言でも一度も使ってないので、4枠目を登録しなかった場合に失敗するかどうかは検証してません()



100連勝でサンの実、200連勝でスターの実が貰えました。植えて増えるか分かりませんが植えてみようと思います。
  1. 2013/11/27(水) 23:39:40|
  2. (XY)PT紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。