火力ブースト霰壁

(BW)PT紹介
04 /27 2012
火力ブースト霰壁 12/05/16追記
ユキノオライコウカイリューヒードランテラキオンブルンゲルオス
構成
◆ユキノオー@きあいのタスキ ※ゆきふらし
勇敢165-158(252)-96(4)-144(252)-105-58
こおりのつぶて/ギガドレイン/ふぶき/じしん
吹雪で167-120カイリューを乱1 (14/16)
氷の礫で155-101ラティオスを天候ダメ1回込み乱2(94.51%)


◆ライコウ@オボンのみ ※プレッシャー
臆病166(4)-x-95-167(252)-120-183(252)
10万V/*めざパ(氷)/リフレクター/ひかりのかべ

◆カイリュー@いのちのたま ※マルチスケイル
意地167(4)-204(252)-115-120-120-132(252)
ドラゴンクロー/りゅうのまい/しんそく/げきりん

◆ヒードラン@こだわりメガネ ※もらいび
臆病167(4)-x-126-182(252)-126-141(252)
だいもんじ/りゅうのはどう/*かえんほうしゃ/*あくのはどう
大文字で161-110ボルトロスを余裕を持って確1※185-100ボルトロスも確1
大文字で227-154クレセリアを確2
竜波動で183-105ガブリアスを乱1 (12/16)※霰込み確1


◆テラキオン@格闘ジュエル ※せいぎのこころ
陽気167(4)-181(252)-110-x-110-176(252)
インファイト/にどげり/ストーンエッジ/まもる
ジュエルインファイトで167-101カイリキーを確1
にどげりで197-127ヒードランの身代りを確定割り


◆ブルンゲル@ソクノのみ ※のろわれボディ
図太い206(244)-x-127(204)-105-133(60)-80
ねっとう/とける/じこさいせい/トリックルーム
A187ドリュウズの剣舞地震を天候ダメ1回込みで乱1(15/16)

全体解説
対晴れクレセリアを想定し、ヒードランに眼鏡を持たせPT全体の火力を底上げした霰壁パ。
いくら晴れ状態のヒードランといえども、瞑想月光クレセリア相手となると有利とは言いがたい。
対策に思いついたのが、眼鏡を持ち初動を早くすることで瞑想を積む前に高火力を叩き込むことで突破を図る方法。晴れ状態にされてもヒードランの火力も増すので十分な打点を維持できるのが心強い。

また、眼鏡ヒードランは竜の波動でガブリアスをほぼ1発にできるので、カイリューを中心に組み立てたい霰壁の天敵となるスカーフガブリアスへの遂行速度が上がるのも好相性。HSヒードランでなければガブリアスの鉢巻逆鱗を止められないと言われるが、そもそも眼鏡波動で1発で返り討ちにしてしまえば2発受ける必要はない。

さて、ヒードランを眼鏡にすることで浮上する問題点は多い。まず挑発を採用できないことから考えてみる。挑発が使えないとなるとモロバレルやキノガッサ等を封殺するのが難しくなるが、モロバレルは眼鏡の火力で燃やせばよいし、キノガッサへのケアはヒードランを臆病にすることで解決する。挑発を切ったヒードランで問題となるのは対トリパ耐性だ。重力ガラガラやドサイドン、太鼓カビゴン、挑発を切ったPTで鬼門となる相手は多い。そこで他でその弱点を解決できるか考える。

白羽の矢が立ったのは、溶けるブルンゲルである。溶けるの積み合い性能は非常に高めで、例えば太鼓カビゴンを例に上げると、相手が腹太鼓→トリックルームをする間にブルンゲルが2回溶ければ太鼓噛み砕くを耐えるので安全にトリルを返すことができる。相手がガラガラやドサイドンでも似たようなものだ。トリパというのはトリルを返してしまえば恐れることはないので、いくらでも勝つ算段は立つ。

という訳で、ユキノオー+ライコウ+カイリューの基本軸に、眼鏡ヒードラン+溶けるブルンゲルを加えるまでは決まった。ところが、これでも致命的な問題がまだ残る。

従来のPTをまず見てみよう。見るポイントは、ブルンゲルの神秘の守り。
とーますさん
みーたろさん
ゴローver

皆揃って神秘の守りを採用している。対モロバレルだけならユキノオーに加えてヒードランの打点があれば十分だ。しかし、対カイリキーを考えるとどうしてもこの神秘の守りが切れない。

しかし、溶けるブルンゲルを採用すると決めたので神秘の守りを搭載することができない(熱湯自己再生トリックルームのすべてを備えてないと前述したトリパ耐性があるとはいえない)。困ったことになった。

そこで目を付けたのがテラキオン。このテラキオン、スカーフカイリキーより素で早い上に1.5倍の火力補強をすればインファイトで余裕を持ってカイリキーを突破できる素晴らしい性能を持つ。

鉢巻テラキオンを最初に思いつくが、ヒードランを既に眼鏡にしてしまっているので、テラキオンまで鉢巻にして構築の柔軟性を失うのを危惧。挑発ヒードランならば封じることが可能であったスイクンの追い風から蹂躙されるのが気になった。以上を踏まえ、テラキオンの持ち物を『格闘ジュエル』に決定。加えて守るを持たせることで追い風への耐性を確保した。

6匹の構成が決まったので、個別解説へ移る。

個別解説
・ユキノオー
前回の記事では珠持ちを考えたが、襷ノオーの信頼感がやはり高いので今回は襷持ちに決定。

それでも氷の礫の火力が欲しいので勇敢にしてAに特化。礫でラティオス2発だったり、熱湯+礫でガブリアスを確殺にできるのでA特化がよいだろう。ギガドレインだと火力が足りない可能性があるが、接触技である草結びは襷との相性が悪いので渋々ギガドレインを採用。地震はトリルからヒードランやジバコイルを突破していくのが強いので是非入れておきたいが、眼鏡ヒードランを活かすために対雨を強化したいなら『あられ』を入れてもよい。

・ライコウ
オボンにすることで先制技やスカーフポケモンに縛られにくくなるので、より行動が保障されやすくなる。対トゲキッスを考えてもライコウに耐久が欲しいので相性がよいアイテムだろう。スカーフガブリアスによる地震攻撃があまりに多いようであればシュカや風船への変更も視野に入る。

・カイリュー
特に説明不要。舞ってぶち抜くだけ。対スカガブは周りでの処理を目標に立ち回り、対ボルトロスは麻痺を貰ってもブルンゲルのトリルから切り返せば問題ないくらいに思って立ち回れば上手く行くだろう。痺れて動けないを引いたら諦めるしかない(遠い目

・ヒードラン
画期的(かもしれない)眼鏡を持ったヒードラン。Cに補正をかけると確定数が変わる相手も多いので補正をかけたくなるが、非雨下でキングドラを抜ける点や、若干重たいキノガッサへの不安要素を加味すると臆病がよいだろう。足りない火力は霰の定数ダメージで補える。もちろん、控えめヒードランでも劣らず活躍できると思うので、火力傾倒が好きな人は控えめで使っても構わない。その場合はSを125(最速バンギラス抜き)程度は確保して残りHCで調整すればよい。

技についてだが、対ブルンゲルへの打点を考えると悪の波動を是非入れたい。今までは舞ったカイリューの逆鱗でブルンゲルを吹き飛ばせばよかったのだが、溶けるブルンゲルなんてものが登場したので、特殊面の打点を豊富にしておく必要があるからだ。命中安定の火炎放射を入れたいので切るのは大地の力。この場合、ヒードランミラーはテラキオンやブルンゲルで何とかしよう。

火力が今まで使ってきたヒードランとかなり違うと思われるので、十分に計算してから実践で運用したい。雨下でもナットレイを焼き払える点だったり、半減大文字=竜波動であることから、大文字2発でガブリアスやラティオスを落とせることなどを確認しておきたい。

・テラキオン
ジュエル守るテラキオン。バンギ+カイリキーの並びを想定すると、ジュエルインファイトをカイリキーではなくバンギラスに当てたとしてもバンギラスが落ちればブルンゲルでいくらでもカイリキーを押せる点、また熱湯+インファイトでカイリキーが落ちる点を踏まえればジュエルインファイトをカイリキーに当てられなくても十分挽回できるのが心強い。

『まもる』は追い風やトリルターンの消費の他、「霰ダメージの蓄積」だったり、「拘りガブリアスの技固定」にも使えるので用途は広い。霰下でガブリアスの前で守った場合、霰ダメージの処理順でスカーフかどうかの判定ができる。

ユキノオーの吹雪が相手のヒードランの起点になりやすい霰パでは、テラキオンの『にどげり』は是非入れたい。ジュエルがなくともにどげり一発で身代りを割るので仮に身代りを張られても詰みにくくなる。

融通点
・ユキノオーのじしん⇔あられ
・ライコウのめざ氷⇔その他めざパや電磁波等
・ライコウのオボンのみ⇔シュカのみ
・ヒードランの性格:臆病⇔控えめ
・ヒードランの悪波動⇔大地の力、ラスターカノン
・カイリューの命の珠⇔ドラゴンのジュエル
スポンサーサイト

砂スカトロス

(BW)PT紹介
04 /20 2012
砂スカトロス
バンギラスガブリアスカイリキーボルトロスブルンゲルハッサム
構成
◆バンギラス@こだわりハチマキ ※すなおこし
勇敢207(252)-204(252)-130-x-121(4)-59
かみくだく/ストーンエッジ/けたぐり/れいとうパンチ
207-134ブルンゲルを噛み砕くで15/16

◆ガブリアス@いのちのたま ※すながくれ
陽気183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)
ダブルチョップ/じしん/みがわり/げきりん

◆カイリキー@こだわりスカーフ ※ノーガード
陽気165-182(252)-100-x-106(4)-117(252)
ばくれつパンチ/ストーンエッジ/バレットパンチ/どくどく

◆ボルトロス@たべのこし ※いたずらごころ
臆病161(52)-x-90-161(124)-110(76)-179(252)
10まんボルト/めざめるパワー氷/でんじは/みがわり
C172トゲキッスのエアスラを身代りが確定耐え
無振りガブリアスをめざ氷で乱1 (7/16)


◆ブルンゲル@ソクノのみ ※のろわれボディ
穏やか205(236)-x-120(236)-105-143(36)-80
ねっとう/とける/じこさいせい/トリックルーム
A200ガブリアスの逆鱗を1.5発耐え(火傷・溶ける考慮の意)
A187ドリュウズの剣舞地震を15/16耐え


◆ハッサム@ひこうのジュエル(orオボンのみ) ※テクニシャン
意地っ張167(172)-199(244)-120-x-112(92)-85
バレットパンチ/むしくい/アクロバット/つるぎのまい
C200ジバコイルの眼鏡10万Vを15/16耐え

全体解説
今流行りのバンギラス入りスカーフカイリキー&ボルトロス(通称:スカトロス※ポケモン用語です)で組んでみた。構築のポイントは、スカトロスミラーに強いスカトロス。

まずスカトロスの解説から。
スカイリキー(スカーフカイリキーの略)とボルトロスの組み合わせは、攻撃性能と妨害性能を両立しており非常に相性がよい。相手が竜舞カイリューや殻を破るパルシェン、またスイクンの追い風から展開する筋がメインの場合、スカイリキーに対して後手に回るため混乱による事故を押し付けやすい。

スカイリキーの簡単な対策はラティオスやすいすいキングドラで上から高火力で殴り倒すことが挙げられるが、ボルトロスと組んだ場合それらの早いポケモンに悪戯電磁波が有効なため、更に処理が難しくなる。

またボルトロスの身代りはカイリキーを狙ったモロバレルのキノコの胞子やスカーフトゲキッスのエアスラッシュ、スイクン等の絶対零度にも有効。トリックルームや追い風のターン稼ぎにもなる。こちらの事故は少なくして、相手に一方的に事故を押し付けるので相手にして非常に嫌な組み合わせである。

一方で弱点もある。2匹とも火力を強化するアイテムを持たない場合、数値が高く抜群で入らない高耐久を相手にするといくらカイリキーでも全てを混乱させられる訳はなく、息切れして打ち負ける。具体的にはクレセリア、ブルンゲル、サマヨール辺りが辛い。この難点を解決するのがバンギラスである。クレセリアとブルンゲルに噛み砕くで抜群が取れるのはもちろん、対クレセリアでは天候を砂嵐にして月の光回復量も削げる。

以上からバンギラス+ボルトロス+カイリキーの組み合わせが構築の際に軸として出来上がりやすいのが分かるだろう。バンギラスが起した砂嵐によってガブリアスの砂隠れが発動しても、カイリキーがノーガードで必中攻撃ができたり、ボルトロスがめざ氷で上から叩けるのも重要。

さて、ここまで組んでも雨雷攻撃や舞ハッサムの相手が辛い。そこで電気技対策として安直ながら最優なガブリアスがまず入る。ここでガブリアスを鉢巻にした場合、追い風もちを是非ともPTに入れたい。

しかし、鉢巻ガブリアス採用のため追い風もちを入れるとなると追い風スイクンが候補に上がるが、追い風スイクンを採用するとスカトロスミラーに不安を感じるため今回は見送る。

今回は、スカトロスミラーに強くなるトリルギミックを仕込んだPTを考える。

まず、普通のブルンゲルではカイリキーの攻撃を凌ごうとして動かすうちにバンギラスを合わされてしまい削り倒される恐れがある。そこで溶けるブルンゲルの型を採用。これでカイリキーの攻撃を1回空かす隙に積めば次の鉢巻噛み砕くも耐えるので、戦局を有利に運べる。カイリキーが電磁波を貰ってしまった場合でもトリルをすれば下から殴れるようになるため電磁波を打たれるリスクそのものが小さくなる。

最後は相手の竜に強めでかつハッサムに弱くないポケモンとしてアクロハッサムを採用。ブルンゲルのトリルから動かすのも強いので期待できる枠。

再度問題とするのはガブリアスの型で、面子がバンギラス、カイリキー、ボルトロス、ガブリアス、ブルンゲル、ハッサムまで決まると相手のジバコイルが非常に面倒なので、ジバコイル・モロバレルを含む並びに強めな身代りガブリアスを採用。砂隠れの発動もあるので使われるとかなり嫌な技だろう。

まとめると、事故を押し付けやすいバンギラス+カイリキー+ボルトロスと、スカトロスミラーに強い溶けるブルンゲル、また電気技対策のガブリアス、ハッサムミラーに強めかつ先制技枠でハッサム、の6匹である。

個別解説
・バンギラス
対ニョロトノで天候を取りやすい勇敢最遅。最遅ニョロトノ抜かれでもいいが大差はない(※)。初手から積極的に動かす以外に、ブルンゲルのトリルから拘り高火力技で蹂躙していく使い方もできれば理想的。

(※追記)Sを上げるとナットレイのジャイロの威力が上がる点に注意。対鉢巻ナットレイを想定すると、S66バンギ(最遅ニョロトノ抜かれ)だと威力76で鉄の棘ダメージ込みで29.69%の確率で落ちる。S63の威力72から確定耐えだが、これはS65(無振り45族)より遅い。一応、麻痺した1.5倍速の最速100族(S62)より早いというメリットはあるが、そういったポケモンはローテで皆無。ジャイロの威力が最少(威力68)となる最遅(S59)で特に問題はなさそうである。

・ガブリアス
身代りは是非入れたい。剣の舞がないとクレセリア等への速度が心配だが、舞ってる間にせっかく張った身代りが割れるのも悲しいのでとりあえず逆鱗のまま。積みポケが多すぎると事故りやすくなるという自論があるため、積みはハッサムに任せてみる。光の粉が好きな人は持ち物を変えても良いが、ガブリアスミラーを1ターンで処理できる珠ダブチョの評価が高いので記事では珠確定にしておく。

・カイリキー
最速スカーフ持ち。特に説明不要。「どくどく」は冷凍パンチを打つ機会が少なそうなので、溶けるブルンゲルミラー対策に入れてみた。超ピンポな場面でしか打たないので同じくピンポ技である冷凍パンチと選択で。

・ボルトロス
この構築なら、バンギラス相手に電磁波を打ってしまっても麻痺したらブルンゲルで積む起点にしてやる、と割り切って運用できる。場持ちをよくしたいので残飯を持たせる。臆病めざ氷で問題ないと思う。

・ブルンゲル
構築のキーマン。溶けるによって構築が苦手とする追い風鉢巻ガブ展開や剣舞ハッサムへの対抗カードとなるとともに、積む隙がない場合はトリックルームよりバンギラスハッサムの行動回数を確保するサポートに回れる。トリルを確実に始動できるようソクノの実を持たせる。

・ハッサム
技構成は超メジャーな型。追い風ギミックがないためSを上げる意義も薄いので、トリル展開から動かしやすいよう耐久面に厚く振ってよいだろう。鋼枠としての信頼性を上げたい場合は持ち物を「オボンの実」に変えよう。

融通点
・ガブリアスの「げきりん」と「ダブルチョップ」と「つるぎのまい」の選択
・カイリキーの「どくどく」と「れいとうパンチ」の選択
・ハッサムの「ひこうのジュエル」と「オボンのみ」の選択


対害悪性能の高い害悪パに仕上がったので満足。
おわり

続きを読む

ジバコイル育成例

ジバコイル
04 /13 2012
ジバコイル育成例
ジバコイル<ジバババーン
その強力な磁力による電磁誘導で回転盤を動かしている噂がある
◆考察
 最高火力を誇る電気技持ちであることに加え、特性:頑丈により行動に保証を持てるのが頼もしい。というのはまだ不十分な説明で、採用率がここまで伸びているのはその優秀な耐性に因る所が大きい。電飛岩氷虫悪といった一貫しやすい技を軒並み半減以下に抑える耐性とそれに加えて頑丈による保証があるのがこのポケモンの正しい説明。
 眼鏡雷の指数はラティオスの眼鏡竜星群をやや下回る程度であり、雨下ともなればそれを必中で連打できる。雨パに採用して雷を打つ機会を増やしてもいいし、雨パ対策に採用して相手が降らせた雨を利用してもいい。めざめるパワーは電気技との補完がよい氷タイプが基本的に採用される。ラスターカノンの威力も眼鏡を持てば馬鹿にできず、バンギラス+ラティオスといった並びで特に活躍する技である。
 素早さは高くないので、ヒードランやスイクンといった削りたい奴を削る前に退場してしまう恐れがあることには注意して構築に採用したい。

◆型の紹介
見ろ、ポケモンがゴミのようだ型
【道具】 こだわりメガネ
【性格】 控えめ
【実数値】145-x-135-199(244)-112(12)-112(252)
【技構成】10まんボルト/かみなり/めざめるパワー氷/ラスターカノン
【解説と計算】
―火力―
*C
・10万V
167-101ハッサム 乱1 (11/16)
・かみなり
157-128ロトム 確1
156-130ラティオス 78~92 確2
・めざ氷
155-100トルネロス 158~186 確1
・ラスターカノン
207-124バンギラス(砂嵐補正) 146~174 確2 ※砂補正なしなら確1 

―耐久―
*B
A200ガブリアスの鉢巻逆鱗 75~89 確2
A161パルシェンのA+4スキルリンク氷柱針 30.61%

*D
C200ジバコイルの眼鏡10万 72~84 乱2 (98.63%) 
C182ラティオスの眼鏡波動 62~73 乱2 (13.83%)
(参考)H4振りジバコイルの場合
C182ラティオスの眼鏡波動 63~75 乱2 (18.63%)

―素早さ―
追い風で1.5倍準速オノノクス抜き

◆型の紹介
凍える風絡め型
【道具】 こだわりメガネ
【性格】 臆病
【実数値】145-x-135-181(244)-112(12)-123(252)
【技構成】10まんボルト/かみなり/めざめるパワー氷/ラスターカノン
【解説と計算】
―火力―
*C
・10万V
167-101ハッサム 乱1 (2/16)
・かみなり
149-128ロトム(C200ジバコの眼鏡10万V耐え) 144~169 乱1 (12/16)
156-130ラティオス 71~84 乱2 (47.13%)

―耐久―
*B
A200ガブリアスの鉢巻逆鱗 75~89 確2
A161パルシェンのA+4スキルリンク氷柱針 30.61%

*D
C200ジバコイルの眼鏡10万 72~84 乱2 (98.63%) 
C182ラティオスの眼鏡波動 62~73 乱2 (13.83%)

―素早さ―
Sダウン最速115族抜き

◆相性のよいポケモン
・パルシェン
パルシェン
電気と氷の範囲補完が卑怯なまでに強い。ジバコイルだけではガブリアスを始めとする地面タイプの相手が辛いが、パルシェンがそいつらに強いので相性がよい。また、パルシェンを止めるハッサムや高耐久水や鋼にジバコイルが強い。

・クレセリア
クレセリア
クレセリアはジバコイルの弱点となる格闘地面を半減以下に抑えるだけではなく、凍える風やトリックルームによりジバコイルの行動回数を増やすサポートができる。準速ジバコイルの場合凍える風1回で抜ける範囲は広くはないが、ヒードランを抜けるようになるだけでも悪くはない。クレセリアが苦手なハッサムにジバコイルが強い。

・ブルンゲル
ブルンゲル
ブルンゲルがジバコイルが苦手な炎格闘耐性を補う。やはりトリックルームからジバコイルを動かす戦術がやはり強いので攻守共一体となって相性がよい組み合わせ。2匹だけでは足が遅いので、他に早いポケモンも入れてあげたい。

・ニョログドラ
ニョロトノキングドラ
雨パに入れたジバコイルは火力を最大限に発揮できる。必中の雨かみなりは恐ろしい威力で、キングドラを止めに来るブルンゲルやスイクンに高打点を入れる。また、その耐性と頑丈によって相手のバシャーモやキングドラ、ナットレイに強いので雨ミラーでも活躍する。キングドラはジバコイルを上から叩けるポケモンを更に上から叩けるので攻めのシナジーがとても強い。

◆構築例

サンダー育成例

サンダー
04 /13 2012
Σ,,゜◇゜,,<育成例
サンダー
◆考察
 並み居るローテ電気タイプの中でもひと際目立つポケモン。長所を一言に纏めれば「高種族値」である点。電気の高打点を確保した上で最速ヒードランや80族やロトムよりも早く、更にジバコイルのメガネ10万を耐える程度の耐久値もある。浮いている・高火力・高機動・並み以上の耐久、これらを満たす電気ポケモンはサンダーしかいない。
 構成はCS基調眼鏡が最メジャーであり、ジュエル珠持ちに変わったものや加えて空いた技枠に追い風を仕込んだもの、また耐久に厚く振ったものもたまに見かける。

◆型の紹介
眼鏡めざ飛行型
【道具】 こだわりメガネ
【性格】 控え目
【実数値】167(16)-x-105-191(232)-111(8)-152(252)※個体値30-x-30-30-30-31想定
【技構成】10まんボルト/めざめるパワー(飛)/*ねっぷう/*かみなり *代替可能
他選択肢:ボルトチェンジ
【解説と計算】
ジバコイルと打ち合う機会が少なくないなら、火力を多少削って耐久に回して損はない。それでも耐えるのが14/16なのであまり信頼し切らず、もし打ち合ってもおおよそ耐えるだろうくらいに思うのがよい。

―火力―
*C
・10万V
207-147ブルンゲルまで 確1
・めざ飛
206-117ローブシン(C200ジバコの眼鏡かみなり耐え) 乱1 (11/16)

―耐久―
*B
A200ガブリアスの逆鱗 135~159 確2 
*D
C200ジバコイルの眼鏡10万V 乱1 (2/16)

―素早さ―
最速FCロトム(151)抜き

◆相性のよいポケモン
・ガブリアス
ガブリアス
ガブリアスの攻撃を止める鋼と耐久水に等倍以上を取りやすいサンダーはピッタリのパートナー。ガブリアスの持ち物は鉢巻でもスカーフでも何でも噛み合いやすい。氷が一貫すのが難点だけど、そこは3匹目のポケモンで削ったり追い風を使ったりしてガブリアスサンダーが上から叩いて攻撃させずに倒すとかで処理できる。

・ヒードラン
ヒードラン
サンダーの弱点となる氷技の一貫性を下げ、苦手なラティオス耐性も上がるので相性良好。サンダーもヒードランの弱点である格闘地面をサンダーが半減以下にし、水ポケに打点を持てるので相互に助ける。ドサイドンとかあまり見ない地面ポケモンに足元を掬われるのは注意。

◆構築例
眼鏡サンダー構築例1(ガブリアス スイクン サンダー ハッサム モロバレル パルシェン)
眼鏡サンダー構築例2(ガブリアス ヒードラン サンダー ビリジオン ハッサム ブルンゲル)

【ローテ】オススメ育成ポケ 20選 (24年度前期版)

(BW)ローテ64
04 /06 2012
前書き
他ルールからの入門者、または久しぶりに再開する方向けの推薦リスト。優先度が高い順に並べているが、絶対ではない。個別育成例と被る配分や、逆に異なる配分も載せているが、それは両方を参考に自分の好みで決めてよろしく。

また20匹に絞った結果漏れたポケモンの中にも、人によってはより使いやすくて強いポケモンもいるので、あくまで参考までにどうぞ。「Ex」は別の型・配分の紹介。技枠の「*」は融通が効く枠であることを示しているが、あくまで優先度が高くない技につけているだけで、「*」がついてない技が切れないとは限らない。

続きを読む

とあるバンギのポケナガ戦記(+攻略情報)

未分類
04 /02 2012
実は(?)発売日に買って今日までちまちまプレイしています。

余談から入るが、睡眠促進機としても使っていて、ベッドに入りながら充電したままプレイ→寝落ちを毎日のようにやっているせいで、プレイ時間は既に100時間を越えている。実質60~70時間くらいだと思うけど、それでも結構遊んでますね。

せっかく割とやり込み気味に遊んでいるのと、他にブログの記事更新のネタがないので攻略指南を兼ねてプレイ日記でも書こうと思う。

大まかなゲームの流れは、①本編クリア(チュートリアル)⇒②各ブショーのサブエピソード消化 となっており、最終的な目標はブショー及びポケモンのコンプリートを目指しながら対人環境の整備をしていく感じになる。

当記事では攻略指南を兼ねられればいいと思っているので、①の本編クリア以外にも、先ほど書いた下線部について私が知りえた情報・攻略方法を紹介したいと思う。まだサブエピソード消化も10以下の程度なので参考までに。

※以下ネタバレ注意

続きを読む

ゴロー

ポケモンサンムーンでローテーションバトルが無くなったため、Unityを使ってローテアプリを作ることにしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。