ガブリアス@ローテ

ガブリアス
10 /14 2011
ガブリアス@ローテ
ガブリアス  WS000065.jpg

◆考察 ガブ左

 ごく初期に開かれた大会では、3人に2人が使用という脅威のKPを叩き出したのは伝説。初期は砂身代りを起点に剣舞を積む型や、襷でタイマン性能や積みの安定性を確保した型が流行った。耐久に厚い鉢巻もこの時から話題に上がってはいた。しばらくは襷剣舞主流の時代が続くが、先制技持ちやユキノオーの台頭によりゆっくりと衰退を迎える。この時点からスカガブも存在はしたが、注目はされなかった。次第に注目を集めてきたのは霰ダメで死なない程度にHPを残しやすいハバンや、積まずに火力の出せる珠持ち。持ち物は変われど、ガブは舞ってナンボという風潮は根強いままであった。

 話は変わり時は流れ2011年03月23日。あの怪物PTの原型が爆誕する。俗に元祖ちんまんと呼ばれるこの構築は一度はラムヒードランというガンメタポケにより叩き潰されたが、負けじとローテトップメタの雨パとコラボ。ついに怪物PTと呼ばれる構築にまで成長、爆発的に数を増やしたこの構築は侵略するがごとくランダム環境を覆い尽くす。この構築の最大の柱が襷パルシェンであり、きちんと対策を用意しておかなければ蹂躙されるのは必至であった。
 
 パルシェン対策に最も有効なものの一つに、ローブシン、ハッサムを中心とした先制技持ちがいる。パルシェンの激増に伴いこれらの先制技持ちが増え、襷ガブリアスもまとめて対策されてしまい一気に肩身が狭くなる。襷ガブリアスは採用しにくくても、電気や岩の一貫性の問題からガブリアスをPTに入れたい。そのジレンマの解消にスカーフ持ちがまず先に数を増やす。スカーフは先のパルシェンに強い先制技持ちと相性が良く、スカガブ+ハッサム(orブシン)は勝ち筋確保と負け筋回避が同時にできる軸として評価され全盛を迎える。やや遅れて追い風スイクン+鉢巻ガブも見直され戦術が確立されつつある。

 このように環境が変わっても技や持ち物を変えることで環境に適応し、常にKP上位に君臨するガブリアスはまさにローテ界最強ポケと言える。持ち物や配分を代えることでできることが柔軟に変わるガブリアスなので、特定の型に絞って考察するのはナンセンス。そこで今回はガブリアス関連の計算を羅列し、この型ならこれができるといった内容をまず把握して貰い、その後に型の例を紹介する。ちなみに、筆者はASガブリアス信者なので、ASにぶっぱしたガブリアスについてだけ記述し、更に同じ配分であらゆる型に流用することに主眼を置いて配分を決定した。



◆配分 ガブ後
配分と計算
※備考
物理指数一覧



◆型の紹介 ガブ右

陽気@襷
ダブルチョップ/地震/逆鱗/剣の舞
 使い方は大きく2通り。襷で保険をかけて剣の舞を積み、味方の追い風やガブより早いポケモンを排除してから全抜きを狙う。強化アイテム無しのガブリアスでは倒しきれないポケモンも多く、またガブより早いポケモンも多いため、全抜きの準備に時間がかかる。しかし、無償で積めた場合は一気に勝ち筋を引き寄せられるので、襷に甘えず可能ならば相手の電気技を起点に積みたい。また積める隙がない場合でも、相手のラティオスなどに襷を持つことで強引に勝つことができるため、襷を残して最後のタイマン勝負で勝つといった詰め方にも使える。どちらを選択するかは相手と試合の展開によるので、どう動かすか判断できるように経験を積んでおきたい。

陽気@珠
ダブルチョップ/地震/逆鱗or剣の舞or身代り
 最大の採用理由は珠地震の火力。HバンギやHグロスを積まずとも高い確率で落とすことができる。拘りで火力を上げると相手の浮いているポケモンがフリーになってしまうため、バンギやグロスを一撃で沈めたあとでも浮いたポケモンに隙を見せないのが強み。更にダブルチョップで無振りガブリアスを倒せるので、相手の襷ガブやスカーフガブとダブチョを打ち合って勝てるのも高評価。残りの技は使い方に寄り、ガブリアスに積ませたい場合は剣の舞と、積んでから最も火力が出せる逆鱗を搭載か、積みの起点にも使える身代りを選択で。逆鱗と身代りの両方を採用する型ももちろん活躍できる。

陽気@スカーフ
ダブルチョップ/地震/逆鱗/ストーンエッジorドラゴンクロー
 積まずにすぐ殴れるガブリアス。特にダブチョでラティオスを縛り返すのが嬉しい。バシャーモやウルガモス、パルシェン、スカーフトゲキッスといった素早さを底上げしてガブリアスを抜きにくるポケモンを更に上から抑えつけられるので、負け筋の回避にとても有効。一方で周りで相手を削ってガブリアスの圏内に入れてやれば、ガブリアスで全抜きできるという勝ち筋が得られる。火力が足りてるとは言いがたいので、相手のブルンゲル、パルシェン、ローブシン等に強いポケモンで回りを固める必要がある。陽気意地殻破りパルシェンも抜ける。

意地っ張り@スカーフ
同上
 陽気より火力が高いのでそれだけで使いやすい。対ラティアス性能が高く、陽気ではダブチョで倒せなかったラティアスを高い確率で落とすことができる。一方で陽気意地殻破りパルシェンにも抜かれるなど致命的になりかねない欠点もあるので、扱う際はPTとよく相談すること。

意地っ張り@鉢巻
ダブルチョップ/地震/逆鱗/ドラゴンクロー
 とにかく火力が素晴らしい。特にHバレルを逆鱗1発で沈められるのは決まれば爽快であり、ついでにHロトムも1発、無振りドラン高乱数2発、カイリューもマルスケ貫通でダブチョ逆鱗で1発である。相手の陽気ガブより遅いのが難点だが、どうせ追い風サポートから殴るなら大した問題ではない、と割り切って使えるPTに入れたい。弱点の関係からスイクンと組ませるのが最も安定すると考えている。天敵は逆鱗を起点に全抜き返しをしてくるパルシェン。

陽気@鉢巻
同上
 火力が意地っ張りより劣り、意地っ張りで確定で倒せた相手が乱数になってしまうのが痛い。採用理由はガブミラーに強い点で、素早さのランクが1下がった最速スカーフガブリアスは端数処理の関係からS168と判定されるので、凍える風サポートと合わせた際に優先度が上がる(つまり、持ち物が割れてないガブリアスにこご風を当てたなら、最速ガブリアスなら確実に相手のガブを抜ける保証がつく)。また重力と合わせた場合に鉢巻(ジュエル)地震でラティオスが丁度確定となるのは覚えておくといい。同じく天敵はパルシェン。

ガブリアス@ハバン
ダブルチョップ/地震/逆鱗or剣の舞or身代り
 襷が余ってない場合、霰パでガブに積ませたい場合に候補に上がる。ラティオスの眼鏡波動やガブの珠ダブチョ、カイリューの舞珠ドラクロ(最大乱数以外)くらいなら耐えるが、鉢巻ダブチョは無理である。氷技はピンポになりがちなのでヤチェは発動機会が少ないと考えており、最後ラティオスと打ち合えるハバンの方が使いやすいだろう(ヤチェが候補に挙がらないとは言わないが)。

ガブリアス@粉
ダブルチョップ/地震/身代り/剣の舞
 シングルでは205調製を施したものが人気だが、ローテでは必ずしも積む機会が保証されるとは限らず、積まずに殴る必要がでてきたり、1回の積みで十分な火力を発揮する必要がある場合が少なくない。粉を持つ最大の利点は、まずバンギと同じPTに入ることが前提となり、バンギと同時選出した場合に重たくなりがちな相手の水ロトムに厚くなる点にある。この場合、身代り連打からドロポン外しを起点に展開することが可能になる。ロトム対策の粉、立ち回りやすくするためのAS、以上がこの型の採用理由である。



◆ガブリアス構築のベース ガブ前

 ガブリアスを採用するにあたって、相性補完から自然に組まれやすい2~5匹の組み合せがある。これらのベースを知ってるとPT構築の際に手を付けやすくなると考え、こちらでいくつか紹介する。あくまで例であり、ガブリアスほど汎用性が高いポケモンならこれ以外にいくらでも組み合せはある。

ガブリアス&ヒードラン
ガブドラン
 最優の組み合せの一つ。攻撃面での竜地炎、また耐性面でも地炎鋼が噛み合い、隙が少ない。具体的には、パルシェン、トルネロス、バンギラス、ヒードラン、ラティオス、ハッサム、ユキノオー、サンダー、ジバコイル、モロバレル、ナットレイ、カイリュー、メタグロス、ドータクンetcといったメジャー所のポケモンに対して決して押されない戦いができる。また、2匹とも持ち物に融通が効くので、PTに合わせて型も変わり、型に嵌めた対策が聞きづらいのも強みである。ガブの持ち物は珠から襷、スカーフ鉢巻まで幅広い。

例)
・ガブリアス@珠etc、ヒードラン、トルネロス、ユキノオー、ライコウ、ローブシン
・ガブリアス@スカーフ、ヒードラン、水ロトム、ハッサム、ラティオス、モロバレル

ガブリアス&ジバコイル
ガブジバコ
 最近とてもアツい組み合せ。結果を残すPTを見てもこの2匹が共に入ってるものが非常に多い。ジバコイルはヒードランと異なり、対雨で迷わず選出できる点が評価されていると考えている。

●●夢ニョロトノ&ガブリアス&ジバコイル&トルネロス
ニョロガブジバコトルネ
 雨ガブ構築のベースとなる組み合せ。基本的にはニョロガブジバコの並びが評価される。雨降らしにより火力が底上げされたニョロトノと、雷により打点が上がったジバコイルで相手の鋼やクレセリアなどの数値受けに圧力をかけられる。耐性面でもこの並びに一貫する技は少なく、特に電気の一貫性が低いためニョロトノが非常に動きやすくなっている。ニョロトノはアンコールで相手の破りパルシェンや剣舞ガブの起点作りを潰し、滅びの歌でラッキーやクレセリアを封殺する。トルネロスは、追い風サポートによるフィニッシュとアクロバットの打点によりカイリキーやラティオスの撃墜に役割を持つ。砂にはめっぽう強いが、霰とニョログドラに弱いので残り2匹で補完してやるとよい。

例)
・ニョロトノ、ガブリアス@ハバン、ジバコイル、トルネロス、カイリキー、バンギラス
・ニョロトノ、ガブリアス@襷、ジバコイル、トルネロス、キングドラ、ナットレイ
・ニョロトノ、ガブリアス@珠、ジバコイル、トルネロス、パルシェン、モロバレル

●●ガブリアス&ジバコイル&トゲキッス(&バンギラス)
ガブジバコキッスバンギ
 最近注目してる組み合せ。拘り電気が主流の今、この組み合せなら相手は拘った電気タイプの運用が非常に難しくなる。水ロトムを例に取ると、10万Vを拘ればガブジバコ(バンギ)が強気に動けるし、ハイドロポンプを縛ればトゲキッスを動かすリスクが減り、また相手は技外しのリスクが大きくなる。ジバコイルを例にとると、氷技を拘るリスクが非常に高いため、電気を拘らざるを得ず、ガブが強気に動ける。ジバコイルはトゲキッスのエアスラを半々減で受けられるが、ガブの地震とエアスラで確殺なので、キッスで相手のジバコを誘ってガブの地震を当てればかなり有利になる。

 バンギラス採用は、砂隠れでガブが水ロトムのドロポンを避ける可能性を上げる狙いと、相手のパルシェンがエアスラと砂ダメの両方を警戒しなければならなくなるため、パルシェンの選出をかなり躊躇わせる狙いがある。しかし、バンギラスまで入れるとドータクンや夢ヌオーが重たいので、残りで上手くカバーできるかが課題となる。ガブリアスの持ち物は身代りが使えるように粉や珠辺りが候補に挙がる。

例)
・ガブリアス@珠、ジバコイル、トゲキッス、バンギラス、零度スイクン、クレセリア

●●ガブリアス&ジバコイル&ブルンゲル
ガブジバコブルン
 ガブリアスとジバコイルだけではパルシェン、トゲキッス、カイリキー、ココドラ等へのマークが足りないので、ブルンゲルでそれを補う。害悪対策をブルンゲルに投げすぎると破綻してしまうので、頼り過ぎず周りへの分業を怠らないように。また、これだけでは相手のナットレイやドータクンが重くなりがちなので、残りでそちらに厚くしたい。雨や水ロトム入りには厚め。

例)
・ガブリアス@スカーフ、ジバコイル、ブルンゲル、カイリュー、バシャーモ、ドータクン
・ガブリアス@粉、ジバコイル、ブルンゲル、パルシェン、モロバレル、トルネロス

バンギラス&ガブリアス&カイリキー@スカーフ
バンギガブリキー
 古典的な組み合せと言えるか。バンギガブのシナジー狙いの構築であり、相手の砂隠れガブリアスの唯一とも言える対策になるスカーフカイリキーを組み込んだもの。ココドラ耐性はガブの砂隠れ身代りとカイリキーの爆裂パンチである程度見れるのがよい。対雨や破ったパルシェンの処理に困りやすいため、残りでそこを厚くする必要がある。ガブリアスの持ち物は身代りが使えるように粉や珠辺りが候補に挙がる。

例)
・バンギラス、ガブリアス@粉珠、カイリキー、ボルトロス、ハッサム、ドータクン
・バンギラス、ガブリアス@粉珠、カイリキー、ボルトロス、ブルンゲル、ナットレイ
・バンギラス、ガブリアス@ハバン、カイリキー、ラティアス、ヒードラン、サンダー

ガブリアス&スイクン
ガブスイクン
 スイクンの追い風を起点に、火力を上げたガブリアスで相手を蹂躙しにいく組み合せ。ガブの火力を上げる方法はいくつかあり、一時期は襷やハバンで剣舞を積みのが主流であったが、鉢巻ガブで積みターンを省いて攻める形が再評価され、数を増やしている。個人的には積み→追い風はやや悠長であり、また冒頭で述べたように先制技を備えたPTが増えているため、鉢巻ガブを採用した方が使いやすいように思える。
 逆鱗をすぐさま打てるようなPT相手にはめっぽう強いのだが、課題となるのはそれを許さないパルシェンやココドラが入ったPT。この問題が単純なようで、いざ組むとなると簡単にいかないため実は難しい部類に入る構築だと考えている。要研究。

例)
・ガブリアス@鉢巻、通常スイクン@オボン、ジバコイル、シャンデラ、ハッサム、カイリュー
・ガブリアス@鉢巻、零度スイクン@ソクノ、ハッサム、サンダー、カビゴン、クレセリア



◆あとがき
 ローテガブリアスがとにかく最強すぎて、どれだけ強いかを語ろうとしたらこんなに長い記事になってしまった!ブログの更新が止まってたのはこいつをずっと書いてたから。シングルのラティオスより、ダブルのメタグロスより、トリプルのドーブルより、ローテのガブリアスが一番強くて凄いんだね、で締めたい。ご拝読ありがとうございました。おわり。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

> GS,BWGSのカイオーガが一番(ry

BWGSではナットレイとサイコブレイクミュウツーの登場により、4世代ほど猛威は奮えないかと思っています。
GSでは本当に凄い地位でしたね。

No title

GS,BWGSのカイオーガが一番(ry

ゴロー

沈黙のローテリスト
他ルールも少々やってます