カイリュー育成例

カイリュー
01 /25 2012
カイリュー育成例
カイリュー非色<竜舞ドヤァ

◆考察
 解禁から半年は遅れて環境に登場したにも関わらず、今や環境トップクラスの地位を獲得した夢特性の金字塔。カイリュー登場による環境への影響は大きい。特に格闘枠がローブシン一強に近かった時期もあったが、カイリューに抵抗できるカイリキーやテラキオンが巻き返して来ている。その強さは、竜舞による高火力高速物理ドラゴンという打点を特性:マルチスケイルによって安定して確保できる点のみならず、神速を持つことでパルシェンへの抵抗ができる点にある。死ににくい、火力が高い、腐りにくい、と三拍子揃って弱いはずがない。舞わない場合の中速を利用してトリル展開も視野に入れられるのも強みだが、説明が長くなるのでこれ以上の説明は省く。

◆型の紹介
舞珠型
【道具】 命の珠(orドラゴンジュエル)
【性格】意地っ張り
【実数値】167-204-115-*-120-132 
【努力値】4-252-0-0-0-252
【技構成】ドラゴンクロー/竜の舞/神速/*逆鱗 *代替可能
他選択肢:瓦割り
【解説と計算】
舞って高火力で上から制圧したいので、基本的にA特化で問題ない。Sは1舞で最速ライコウまで抜きたいので122は確保したい。しかし、残りを耐久に振った所で耐える攻撃の範囲が明確に広がらないため、ミラー意識を優先してSを振り切るのがよいだろう。したがって、意地ASでほとんど問題ない。トリルとの併用を視野にいれた場合はこの限りではない。

PT全体で挑発ヒードランが重たい場合は陽気にする選択肢もあるが、Aに補正をかけることで落ちる範囲が大きく広がる。珠なら舞珠逆鱗で特化ブルンゲルが高い確率で落ちるし、Hに中くらい振ったヒードランを舞珠瓦割で落とせる。ドラゴンジュエルならA200のラインを達成することでA200ガブリアスの鉢巻逆鱗で落とせる相手(Hロトム、Hバレル、無振りカイリュー等)を舞石ドラクロで落とせるようになるため立ち回りが楽になる。

技構成については、舞以外だとドラゴンクローが切れない。ロトムやサンダーへの遂行を任せているので、横や後ろにハッサム等がいる場合に逆鱗以外の打点として欲しい。神速は高火力に加え優先度が+2なので、あらゆる場面で役に立つためやはり切るのは躊躇われる。すると選択できるのは1枠だけとなる。

逆鱗を採用しない場合は、ドラクロや神速を補完できる技を採用したいが、シングルでよく見られる地震や炎のパンチは風船ヒードランの存在を考えると採用しがたい。メタグロスよりもヒードランやナットレイが多い環境なので、それらへの有効打となる瓦割が第一候補となる。珠を持たないと火力不足な技なので、命の珠でないと採用が難しい。

以上長々と書いたが、慣れないうちは意地っ張りASカイリューを逆鱗習得までレベルを上げて、珠⇔ジュエル、逆鱗⇔瓦割と試しに使ってみて、自分が使いやすい型を探せばよいだろう。

―火力―※珠:命の珠、石:ドラゴンジュエル、無:持ち物補正無し
*A
・舞逆鱗
珠 207-134ブルンゲル 14/16落ち(207-131バンギラスは丁度確定)
石 207-165スイクン 7/16落ち
無 157-127ロトム 確定落ち※A200ガブリアスの鉢巻逆鱗程度
・舞ドラクロ
珠 157-127ロトム 6/16落ち
石 157-127ロトム 確定落ち※A200ガブリアスの鉢巻逆鱗程度
無 155-90トルネロス 15/16落ち
・瓦割り
珠 175-127ヒードラン(パルシェンのロクブラ6発耐え程度) 確定落ち(177~211)
・神速
珠 183-116ガブリアス(103~122)
無 183-116ガブリアス(79~94)

―耐久―
*B
A182ガブリアスの鉢巻逆鱗 4/16耐え
A200ガブリアスの鉢巻逆鱗 確定落ち(177~208)
*D
C200ジバコイルの眼鏡雷 確定耐え(84~100) 
C182ラティオスの眼鏡竜星群 確定落ち(180~213)

―素早さ―
準速80族

◆相性のよいポケモン
ヒードラン
ヒードラン
 カイリューが止まりやすいナットレイやハッサム、パルシェン、ユキノオーに強い。スカーフガブリアスや眼鏡流星群ラティオスにも抵抗できるのでかなり相性がよいと言える。苦手気味の水ロトムにカイリューが強いのも上手く補完ができている。岩の一貫が気になるので、格闘やガブリアスを加えると更に綺麗に組める。

ジバコイル
ジバコイル
 ヒードランほど攻撃範囲の相性がよい訳ではないが、岩技の一貫性を下げるのはもちろん、凍える風持ちの水タイプ、対ハッサム、挑発ヒードラン等への打点などを見るとなかなかの相性。サンダーだと岩や氷の一貫が気になるし、水ロトムだとガブリアスの鉢巻逆鱗が怖いため、カイリューと組ませる電気タイプとしてジバコイルが入ってくることは多い印象。

ガブリアス
ガブリアス
 竜技と竜技で攻撃範囲の補完がされている訳ではないが、竜技を半減できるのは鋼タイプしかないため、その鋼タイプに2匹で圧力をかけて強引に突破できるのが強み。片方が削って片方がぶち抜けばよいというローテらしい思考に基づいた構築方針によく合う。しかし、現在は鋼が2枚以上入っている構築も珍しくないため、勝つためにはもう一工夫必要なようである。カイリューが苦手な電磁波や岩技にガブが強いので、耐性面の補完もできていて嬉しい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ゴロー

沈黙のローテリスト
他ルールも少々やってます