ゴローのゲーム語録

自分が嵌っているゲームについて書いてます。リンク・あんてな追加ご自由にどうぞ。 ポケモン 冒険者ギルド物語2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニョログドラ構築例

ニョログドラ構築例

ニョロトノキングドラナットレイ ガブリアス642.gifチャーレム 

詳細
◆ニョロトノ@ゴツゴツメット
暢気HB
波乗り/アンコール/滅びの歌/守る

◆キングドラ@拘り眼鏡
控え目CS
波乗り/竜の波動/ハイドロポンプ/流星群

◆ナットレイ@草ジュエル
勇敢HA
パワーウィップ/宿木の種ジャイロボール/種マシンガン/守る
 207-156スイクン(A204カイリューの舞珠逆鱗耐え程度)までをジュエルパワーウィップで確定1

◆ガブリアス@拘りスカーフ
185-200-116-90-112-146(意地っ張り12-252-4-0-52-188)
地震/ダブルチョップ/逆鱗/ドラゴンクロー
 C172水ロトムの眼鏡ドロポン耐え
 C163ボルトロス(最速&C172トゲキッスのエアスラを身代わり耐え残りC)のめざ氷を確定耐え


◆ボルトロス@電気ジュエル
161-135-90-194-102-153(控え目52-0-0-252-28-172)※Bの個体値は30
かみなり/あまごい/電磁波/身代わり
 A182ガブリアスの逆鱗15/16耐え
 C172トゲキッスのエアスラを身代わりが12/16耐え
 157-128ロトムをジュエルかみなりで14/16
 準速100族抜き


◆チャーレム@気合の襷
陽気AS
とび膝蹴り/思念の頭突き/バレットパンチ/瓦割り
 221-91モロバレルを思念の頭突きで確定1
 181-162ナットレイ(A181テラキオンのインファイト耐え)を飛び膝蹴りで確定1


全体解説

ニョログドラを軸に、"雨対策"への対策を仕込んだPT。雨対策として、まずはグドラの攻撃を1発耐えるポケモンで天候変化を行い、グドラの脅威を無くしてから展開するPTが多いので、その天候変化役に多いスイクンやブルンゲルを1発で仕留めるようA特化ジュエルウィップナットレイを採用。天候変化から素の素早さで蹂躙されないよう速いポケモンを入れたいので、竜舞カイリュー、スカーフトゲキッス、スカーフカイリキーを一定以上見れるスカーフガブリアスを採用。ココドラを含む対砂要員として重要なポケモンである。

耐久水へのカードとして、また地面技の一貫性を下げる枠として、控え目CSサンダーを見れそうな臆病CSサンダーで眼鏡かみなりを連打する戦法を考えつくが、Hロトムが落ちないなど絶妙に火力が足りない。悩んでいたところ控え目ボルトロスというポケモンを思いつく。ボルトロスなら控え目サンダーと同じ火力を維持しつつ準速サンダーを抜くことが可能となる。眼鏡を持たせてもよかったが、せっかく身代わり電磁波雨乞いといった優秀な補助技を優先度+1で使えるのでジュエルで妥協。どうせジュエルを消費したターンに仕事を終えるか耐えられて死ぬかのポケモンなので、これで問題ないと割り切った。

さて、最後の枠だが何と鬼門のナットレイとモロバレルが重いではないか。この枠にぴったりくるポケモンを考えるのには四苦八苦し、パルシェンだとモロバレルがいたら破れないしナットレイに非常に強いとも言い難い。テラキオンならナットレイや砂には強くなるがモロバレルには土下座するしかない。襷寝言カイリキーなんてもの考えたが、結局モロバレルが重たいのは解消しないので没。絶望しかけたが、何と両方同時に見れるポケモンはちゃんと存在するではないか。それがチャーレム。強化アイテムを持たずとも思念でモロバレル、飛び膝蹴りでナットレイがそれぞれ確定1となる。メイン技が接触技である点と天候ダメージで襷が潰れる点は無視しがたいが、モロバレルを見れる格闘枠はこいつくらいしか居なさそうなので採用を決めた。

個別解説
ニョロトノ
 地面技の一貫性が高いので剣舞地震を耐えるようHB特価。Sを下げるのはハッサムの剣舞にアンコールするためであり、またハッサムにトリル下からアクロバットで制圧されないようにするためである。守るは対追い風やトリル展開への妨害として有効なので採用。追い風などは1ターン凌げるかどうかで大きく変わるので馬鹿にならない。滅びの歌とのシナジーもある。

キングドラ
 別に命の珠でもよいのだが、せっかく眼鏡が余っていたので持たせてみた。耐えると思って動いてきたHDローブシンなどを雨ドロポンで吹き飛ばすのはなかなか爽快である。流星群を打つ機会はあまり多くないが、Hロトムを一撃で葬れる点は評価したい。※C161キングドラの眼鏡流星群≒C182ラティオスの珠流星群

ナットレイ
 優先したい技の順に採用していったら、なんとジャイロを入れるスペースが無くなってしまった。ジュエルパワーウィップでスイクンブルンを一撃、種マシンガンでココドラ(+ブルンゲル)を見る。殴るポケモンなので基本的に宿り木の種の方が優れる場面は少ないが、鬼火や熱湯で火傷して場合の保険に外せない技。守るは宿り木の種の性能を最大限に発揮するためと、ニョロトノの守ると同じ採用理由があるので切りがたい。実際に回してみてもジャイロボールを打つタイミングがなかなか存在せず、草技連打で本当に十分な印象だったのでこれでおそらく問題ないだろう。性格を意地っ張りにしないのは、ナットレイミラーでジャイロボールの被ダメを大きくしたくないだけなので、ボルトロスの電磁波とのシナジーを見て多少Sに振っても構わないと言えば構わない。
 威力が安定したパワーウィップ、ユキノオーエルフーンに入るジャイロボール、何かと便利な守る、ココドラ見るための種マシンガンの順で技が決定。ジャイロボールが不要と書いたが、特にユキノオーを考えると必須級の技なので不要とした記述は撤回する。ココドラへのカードをもう一枚他で用意できれば、種マシンガンを切って寄生木を入れやすくなるだろう。

ガブリアス
 対カイリューラティオストゲキッスを見ての採用。対スカガブミラーはキングドラのお蔭で軽くなっているので、耐久面に多めに振った。ニョロトノを守るで前に出し、後発のスカガブに交代するなどで乱暴に扱うこともできる頼りになる奴。サンダー等を一発にできるようエッジを入れてもよかったのだが、PT全体の技の命中率が高いといい難かったので、命中安定のドラゴンクロー採用を優先した。ダブチョである必要性が薄い場合に持ってると安心感が違う(ただ、拘りとすぐにバレる)。

ボルトロス
 無振りサンダーもろともHロトムですら上から1発で仕留める恐ろしい攻撃性能の持ち主。ジュエル雷で仕事をした後は雨乞いでグドラのサポートをするもよし、電磁波で一貫作るもよし、身代わりでトリルターンを稼ぐもよしと幅広く活躍できる。ただ耐久にはそこまで信頼できないので、クセの強さは払しょくし切れてない。めざパがほしい場面も少なからずあるが、補助技はどれも抜きがたいので採用は難しい。S154はガブリアスやドリュウズのラインなので抜いてもしょうがないのでS153でよい。

チャーレム
 ヒードランを抜かない格闘は圧力が足りないので陽気最速。陽気で火力が足りるか訝ったが、きっちりHバレルが思念で落ちるようなので合格だろう。ナットレイはもちろん飛び膝蹴りで吹っ飛ぶ。紙耐久に起因するタイマン性能は襷を持たせて解決。先制技を搭載しにくい雨パでは、カイリキーのものより遥かに強力なバレットパンチがあるだけでかなり嬉しい。最後の技枠だが、対壁の手段ともなり命中安定の格闘技として瓦割りを採用。冷凍パンチ+バレットパンチでラティオスが確定なので冷凍パンチを入れてもいいだろう。雨乞い、日本晴れ、重力といった補助技を採用しても面白いかもしれない。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/31(火) 19:11:52|
  2. (BW)PT紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素直なバンドリ&サマヨなバンドリ | ホーム | カイリュー育成例>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boubangi.blog28.fc2.com/tb.php/187-5eb7c6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。