ゴローのゲーム語録

自分が嵌っているゲームについて書いてます。リンク・あんてな追加ご自由にどうぞ。 ポケモン 冒険者ギルド物語2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

砂スカトロス

砂スカトロス
バンギラスガブリアスカイリキーボルトロスブルンゲルハッサム
構成
◆バンギラス@こだわりハチマキ ※すなおこし
勇敢207(252)-204(252)-130-x-121(4)-59
かみくだく/ストーンエッジ/けたぐり/れいとうパンチ
207-134ブルンゲルを噛み砕くで15/16

◆ガブリアス@いのちのたま ※すながくれ
陽気183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)
ダブルチョップ/じしん/みがわり/げきりん

◆カイリキー@こだわりスカーフ ※ノーガード
陽気165-182(252)-100-x-106(4)-117(252)
ばくれつパンチ/ストーンエッジ/バレットパンチ/どくどく

◆ボルトロス@たべのこし ※いたずらごころ
臆病161(52)-x-90-161(124)-110(76)-179(252)
10まんボルト/めざめるパワー氷/でんじは/みがわり
C172トゲキッスのエアスラを身代りが確定耐え
無振りガブリアスをめざ氷で乱1 (7/16)


◆ブルンゲル@ソクノのみ ※のろわれボディ
穏やか205(236)-x-120(236)-105-143(36)-80
ねっとう/とける/じこさいせい/トリックルーム
A200ガブリアスの逆鱗を1.5発耐え(火傷・溶ける考慮の意)
A187ドリュウズの剣舞地震を15/16耐え


◆ハッサム@ひこうのジュエル(orオボンのみ) ※テクニシャン
意地っ張167(172)-199(244)-120-x-112(92)-85
バレットパンチ/むしくい/アクロバット/つるぎのまい
C200ジバコイルの眼鏡10万Vを15/16耐え

全体解説
今流行りのバンギラス入りスカーフカイリキー&ボルトロス(通称:スカトロス※ポケモン用語です)で組んでみた。構築のポイントは、スカトロスミラーに強いスカトロス。

まずスカトロスの解説から。
スカイリキー(スカーフカイリキーの略)とボルトロスの組み合わせは、攻撃性能と妨害性能を両立しており非常に相性がよい。相手が竜舞カイリューや殻を破るパルシェン、またスイクンの追い風から展開する筋がメインの場合、スカイリキーに対して後手に回るため混乱による事故を押し付けやすい。

スカイリキーの簡単な対策はラティオスやすいすいキングドラで上から高火力で殴り倒すことが挙げられるが、ボルトロスと組んだ場合それらの早いポケモンに悪戯電磁波が有効なため、更に処理が難しくなる。

またボルトロスの身代りはカイリキーを狙ったモロバレルのキノコの胞子やスカーフトゲキッスのエアスラッシュ、スイクン等の絶対零度にも有効。トリックルームや追い風のターン稼ぎにもなる。こちらの事故は少なくして、相手に一方的に事故を押し付けるので相手にして非常に嫌な組み合わせである。

一方で弱点もある。2匹とも火力を強化するアイテムを持たない場合、数値が高く抜群で入らない高耐久を相手にするといくらカイリキーでも全てを混乱させられる訳はなく、息切れして打ち負ける。具体的にはクレセリア、ブルンゲル、サマヨール辺りが辛い。この難点を解決するのがバンギラスである。クレセリアとブルンゲルに噛み砕くで抜群が取れるのはもちろん、対クレセリアでは天候を砂嵐にして月の光回復量も削げる。

以上からバンギラス+ボルトロス+カイリキーの組み合わせが構築の際に軸として出来上がりやすいのが分かるだろう。バンギラスが起した砂嵐によってガブリアスの砂隠れが発動しても、カイリキーがノーガードで必中攻撃ができたり、ボルトロスがめざ氷で上から叩けるのも重要。

さて、ここまで組んでも雨雷攻撃や舞ハッサムの相手が辛い。そこで電気技対策として安直ながら最優なガブリアスがまず入る。ここでガブリアスを鉢巻にした場合、追い風もちを是非ともPTに入れたい。

しかし、鉢巻ガブリアス採用のため追い風もちを入れるとなると追い風スイクンが候補に上がるが、追い風スイクンを採用するとスカトロスミラーに不安を感じるため今回は見送る。

今回は、スカトロスミラーに強くなるトリルギミックを仕込んだPTを考える。

まず、普通のブルンゲルではカイリキーの攻撃を凌ごうとして動かすうちにバンギラスを合わされてしまい削り倒される恐れがある。そこで溶けるブルンゲルの型を採用。これでカイリキーの攻撃を1回空かす隙に積めば次の鉢巻噛み砕くも耐えるので、戦局を有利に運べる。カイリキーが電磁波を貰ってしまった場合でもトリルをすれば下から殴れるようになるため電磁波を打たれるリスクそのものが小さくなる。

最後は相手の竜に強めでかつハッサムに弱くないポケモンとしてアクロハッサムを採用。ブルンゲルのトリルから動かすのも強いので期待できる枠。

再度問題とするのはガブリアスの型で、面子がバンギラス、カイリキー、ボルトロス、ガブリアス、ブルンゲル、ハッサムまで決まると相手のジバコイルが非常に面倒なので、ジバコイル・モロバレルを含む並びに強めな身代りガブリアスを採用。砂隠れの発動もあるので使われるとかなり嫌な技だろう。

まとめると、事故を押し付けやすいバンギラス+カイリキー+ボルトロスと、スカトロスミラーに強い溶けるブルンゲル、また電気技対策のガブリアス、ハッサムミラーに強めかつ先制技枠でハッサム、の6匹である。

個別解説
・バンギラス
対ニョロトノで天候を取りやすい勇敢最遅。最遅ニョロトノ抜かれでもいいが大差はない(※)。初手から積極的に動かす以外に、ブルンゲルのトリルから拘り高火力技で蹂躙していく使い方もできれば理想的。

(※追記)Sを上げるとナットレイのジャイロの威力が上がる点に注意。対鉢巻ナットレイを想定すると、S66バンギ(最遅ニョロトノ抜かれ)だと威力76で鉄の棘ダメージ込みで29.69%の確率で落ちる。S63の威力72から確定耐えだが、これはS65(無振り45族)より遅い。一応、麻痺した1.5倍速の最速100族(S62)より早いというメリットはあるが、そういったポケモンはローテで皆無。ジャイロの威力が最少(威力68)となる最遅(S59)で特に問題はなさそうである。

・ガブリアス
身代りは是非入れたい。剣の舞がないとクレセリア等への速度が心配だが、舞ってる間にせっかく張った身代りが割れるのも悲しいのでとりあえず逆鱗のまま。積みポケが多すぎると事故りやすくなるという自論があるため、積みはハッサムに任せてみる。光の粉が好きな人は持ち物を変えても良いが、ガブリアスミラーを1ターンで処理できる珠ダブチョの評価が高いので記事では珠確定にしておく。

・カイリキー
最速スカーフ持ち。特に説明不要。「どくどく」は冷凍パンチを打つ機会が少なそうなので、溶けるブルンゲルミラー対策に入れてみた。超ピンポな場面でしか打たないので同じくピンポ技である冷凍パンチと選択で。

・ボルトロス
この構築なら、バンギラス相手に電磁波を打ってしまっても麻痺したらブルンゲルで積む起点にしてやる、と割り切って運用できる。場持ちをよくしたいので残飯を持たせる。臆病めざ氷で問題ないと思う。

・ブルンゲル
構築のキーマン。溶けるによって構築が苦手とする追い風鉢巻ガブ展開や剣舞ハッサムへの対抗カードとなるとともに、積む隙がない場合はトリックルームよりバンギラスハッサムの行動回数を確保するサポートに回れる。トリルを確実に始動できるようソクノの実を持たせる。

・ハッサム
技構成は超メジャーな型。追い風ギミックがないためSを上げる意義も薄いので、トリル展開から動かしやすいよう耐久面に厚く振ってよいだろう。鋼枠としての信頼性を上げたい場合は持ち物を「オボンの実」に変えよう。

融通点
・ガブリアスの「げきりん」と「ダブルチョップ」と「つるぎのまい」の選択
・カイリキーの「どくどく」と「れいとうパンチ」の選択
・ハッサムの「ひこうのジュエル」と「オボンのみ」の選択


対害悪性能の高い害悪パに仕上がったので満足。
おわり
 
スポンサーサイト
  1. 2012/04/20(金) 11:49:15|
  2. (BW)PT紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<火力ブースト霰壁 | ホーム | ジバコイル育成例>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boubangi.blog28.fc2.com/tb.php/205-c3b0bfa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。