ゲロゲ豪雨パ

(BW)PT紹介
05 /16 2012
ゲロゲ豪雨
ニョロトノガマゲロゲn バシャーモ ラティオスナットレイジバコイル

構成
◆ニョロトノ@オボンのみ
生意気197(252)-x-127(252)-110-133(4)-67
なみのり/さいみんじゅつ/ほろびのうた/まもる
A187ドリュウズの剣舞地震が 確2
C182ラティオスの眼鏡竜波動がオボン込みで 乱2 (13.48%)


◆ガマゲロゲ@こだわりメガネ
臆病181(4)-x-95-137(252)-95-138(252)
ハイドロポンプ/なみのり/だいちのちから/きあいだま
雨ドロポンで161-135トゲキッスを 乱1 (13/16)
準速キングドラ抜き


◆バシャーモ@きあいのタスキ
無邪気155-171(248)-91(8)-x-81-145(252)
とびひざげり/ブレイブバード/つるぎのまい/まもる
飛び膝蹴り+ゲロゲの雨ドロポンで156-100-130ラティオスが 乱数 (57.08%)
ブレバ+雨ドロポンなら確定
※妥協個体であり最適な配分と異なる


◆ラティオス@いのちのたま
臆病156(4)-x-100-182(252)-130-178(252)
りゅうのはどう/サイコショック/なみのり/くさむすび
サイコショックで215-102モロバレル(A182ガブリアスの鉢巻逆鱗耐え)を 乱1 (13/16)
雨波乗りで207-122バンギラスが 確1
草結び+バシャーモのブレイブバードでブルンゲルが確定


◆ナットレイ@たべのこし
勇敢181(252)-160(252)-152(4)-x-136-22
ジャイロボール/タネマシンガン/のろい/ねむる
ジャイロボールで155-90トルネロスを 乱1 (13/16)
A+1ジャイロボールで183-116ガブリアスを 乱1 (12/16)


◆ジバコイル@じしゃく
控えめ145-x-135-199(244)-112(12)-112(252)
10まんボルト/かみなり/めざめるパワー(氷)/ラスターカノン
10万Vで206-133ブルンゲルを 乱1 (11/16)
C199板かみなり(指数42,984)≧C200眼鏡10万V(指数42,750)
めざ氷で156-130ラティオスを 確2 割合:52.6%~62.8%
ラスターカノンで167-110テラキオンを 乱1 (14/16)


背景・全体解説 ※長文なので読み飛ばして個別解説から読むのを推奨
豪雨パ(+ラティオス)をベースにキングドラをガマゲロゲに変えて組み始めた。
前身となった豪雨パでは、ジバコイルを初めとする相手の電気ポケモン対策をキングドラの金縛りに依存していたが、ガマゲロゲに変えればこのような煩わしい対策の仕方を取る必要がなくなる。

キングドラをガマゲロゲに変えるにあたり意識しなければならないのは、構築の水耐性の確保、すいすいアタッカーの火力の維持、ラティオスへの打点、である。

水耐性については、ラティオスナットレイが既に入っておりジバコイルの頑丈もあるので十分だろう。次にすいすいアタッカーの火力の維持だが、最低でも雨ドロポンで無振りガブリアスをきっちり落とせるだけの火力が必要である。

すると選択肢は控えめ命の珠か臆病拘り眼鏡が最低限の候補になる。ラティオスとバシャーモが入っているため最速スカーフガブリアスを抜ける臆病ガマゲロゲに自然と決まった。

ガマゲロゲに眼鏡を持たせなければならないので、ラティオスの持ち物を眼鏡から命の珠に変更。広範囲への打点を任せることにした。

さて、ラティオスへの打点を確保する方法について考える。まず、ニョロトノの対ラティオス性能を可能な限り上げるため、Dに厚い配分にオボンの実を持たせ、眼鏡竜波動を2発耐えるようにする。幸い、ガマゲロゲに加えラティオス、ジバコイル、ナットレイと電気耐性が豊富な面子に囲まれているので、ニョロトノがソクノを持つ必要性は低い。耐えて何をするかというと催眠術である。2回打てば当たる可能性は高いので、不利な相性でも強引に突破できる可能性が上がるだろう。

ナットレイからラティオスへの打点を上げるため勇敢HA配分に変更。これでジャイロボールを当てれば、珠ラティオスなら珠ダメ込みで高めの乱数で落とせるし、そうでなくともニョロトノの波乗り(非雨時)でラティオスが落ちるようになる。やや物足りないが、これでラティオスへの打点も十分に確保されただろう。

最後にジバコイルの型を考えるが、眼鏡が持てないのでどうしても最大限の性能を発揮できない。頑丈を活かしてストッパーとして活躍すれば十分だと割り切って考える。電気ジュエルでもよかったが、持ち物が割れにくい磁石の方が相手に嫌がられると思ったので磁石にした。ちなみに、磁石かみなり≧眼鏡10万と覚えておくと分かりやすい。

回し始めは以下のような形であった。太字で示した所は後に変更することになる。

◆ニョロトノ@オボンのみ
生意気197(252)-x-127(252)-110-133(4)-67
なみのり/さいみんじゅつ/ほろびのうた/まもる

◆ガマゲロゲ@こだわりメガネ
臆病181(4)-x-95-137(252)-95-138(252)
ハイドロポンプ/なみのり/だいちのちから/きあいだま

◆バシャーモ@きあいのタスキ
無邪気155-171(248)-91(8)-x-81-145(252)
とびひざげり/ブレイブバード/つるぎのまい/まもる

◆ラティオス@いのちのたま
臆病156(4)-x-100-182(252)-130-178(252)
りゅうのはどう/サイコショック/りゅうせいぐん/くさむすび

◆ナットレイ@たべのこし
勇敢181(252)-160(252)-152(4)-x-136-22
ジャイロボール/パワーウィップやどりぎのたねまもる

◆ジバコイル@じしゃく
控えめ145-x-135-199(244)-112(12)-112(252)
10まんボルト/かみなり/めざめるパワー(氷)/ラスターカノン


実際に回してみると主役はガマゲロゲではなく、ラティオスとバシャーモだとすぐ気づく。
ガマゲロゲを見た時点で相手はユキノオーやスイクン、ブルンゲル等を選出せざるを得ないので、それらのポケモンをどれだけラティオスとバシャーモで捌けるかが勝敗の鍵を握る。

ガマゲロゲの枠がキングドラだったときには、ラティオスやバシャーモでジバコイル、ボルトロスの相手をするのが非常に大変だったが、すいすいアタッカー枠にガマゲロゲが入ることで以上の2匹の相手が非常に楽にった分、ラティオスバシャーモがその高い性能を存分に発揮できるようになったのがこの構築の最たる特徴である。

故にガマゲロゲの構築の立ち位置は、エースという花形ではなく、真のエースであるラティオスバシャーモの引き立て役であると言いたい。

雨パの鬼門とされているユキノオー構築に対しても、バシャーモを軸に択を当て続ければどうにか勝てる。実際にレート戦フレ戦合わせてユキノオー構築とは6回戦ったが、全てに勝利することができている。


だが、回していて気になった点もあった。一番は対ナットレイの問題。

構築を見て分かるように、相手ナットレイの処理がバシャーモの飛び膝を当てられるか否かにほとんど一任されてしまっている。ナットレイの横にいるクレセリアやブルンゲルなどに即座に処理されやすいバシャーモだけに一任ではとても安定して戦えるとは言えない。

そこで、ナットレイミラーに強いナットレイを採用するという案を採用する。その型とは、シングルでは既によく知られている鈍い眠る種マシンガンナットレイである。実はローテにおいても相手に使われたことがあるポケモンで、それも雨パに入っていた。ナットミラーに強いナットレイとはなるほどなぁと関心したものだ。

その型をベースに、それでも眠る機会はなるべく少なくしたいので残飯を持たせた。眠るのは本当に最後の手段。そう、例えば相手の残りがナットレイブルンゲルだけになった場合などだ。

奇形とも言える残飯眠るナットレイだが、こいつを採用することでバシャーモが敵ナットレイの処理に失敗しても相手からこちらのナットレイへの処理ソースさえ断てれば、あとはナットレイで積んで詰ませることが可能になった。瞑想クレセリアや溶けるブルンゲル同様、積んで詰ませるポケモン(通称:積み詰み)である。

また、対霰パではラティオス+バシャーモ+ナットレイ+ジバコイルorニョロトノで選出することが多かったので、バシャーモでヒードランの処理に失敗するとその後立ち回りに窮すると気づいた。そこで一貫性を評価して採用したラティオスの竜星群を波乗りに変更。元々高範囲を任せたいポケモンだったので、最初から波乗りでよかった。

以上の変更を経て、現在の形の「ゲロゲ豪雨」として完成となった。
それでは個別解説に移る。


個別解説
・ニョロトノ
前述したがラティオスの眼鏡波動を2発耐えたいのでDに厚い配分でオボン持ち。それでも陽気ドリュウズの剣舞地震耐え程度の物理耐久を確保しようとしたら、D補正HB振りという歪な配分になった。しかし、これで効率がいいし、必要な数値を満たすのが最優先なのでこれでよいだろう。

ラティオスや水ロトムを強引に突破できるようにするための催眠術、ブルンゲルを初めとする耐久ポケモンの処理ソース確保の滅びの歌、追い風トリル対策に加え相手バシャーモに圧力をかけられる守るを採用した。雨乞いが欲しい場面はあるが、そもそものエースがラティオスバシャーモなので採用は見送り。最悪守るからの交代で代用できる。

・ガマゲロゲ
ラティオスバシャーモの強化装置。キングドラに比べジバコイルやボルトロスを含む並びに対しての有利択が非常に増える。最速スカガブを抜くために臆病で、ガブリアスを雨ドロポンで倒すために眼鏡持ちになっている。

選ぶ技はほとんどがドロポンと波乗りだけなので、他の技は何でもよさそうである。ナットレイやユキノオーへの打点になる気合玉を採用はしているが、まだ一度も打ったことはない。

・バシャーモ
襷を持つことで安全に剣舞できる以外に、ラティオス等に縛られている場面でもヒードランやナットレイを狙って果敢に飛んでいくのに役立つ。ブレイブバードは気合の襷と相性が悪いように見えるが、対霰パでは霰から襷を守る暇もなく、またユキノオーブルンゲル格闘に一貫する技であるブレイブバードがないと勝ちまでの択勝負の回数が増えてしまう。対モロバレルでも打点になるので、襷との相性以上に雨構築との相性を重視してブレバの採用は堅い。

本当は陽気ASがよいのだが、無邪気でHVのめざ氷個体しか持ってないので仕方がない。陽気kskアチャモください。


・ラティオス
高範囲に殴りに行くエース。高範囲と聞くと、「技の選択肢が多いため柔軟に動ける」という強みなのか怪しい特徴を思い浮かべるかもしれないが、真骨頂はそこではない。高範囲であることは、終盤に切迫した状況で勝ちを拾える相手が多くなり、それだけ詰み性能が高いことも意味する。

例えば波乗りがあるのとないのとでは、ヒードランやジバコイルとのタイマン勝負になった場合の勝率がまるで違う。また草結びがあれば削れたガブリアス+削れたスイクンの並びに、追い風を打たれる前に勝負を付けることができる。技の選択肢が多いことの利点は序盤中盤の択勝負ではなく、終盤の詰めにこそ真価を発揮するのだ。

広範囲に殴れるラティオスが最後まで残ると詰めまで持って行きやすいので、非常に頼もしいポケモンであった。


・ナットレイ
相手ナットレイへの処理ソースが貧弱なので、ナットミラーに強いナットレイとして鈍い眠る種ガン型を採用した。しかし悠長に眠カゴ(ラム)をする場面は限られているだろうと判断し、場持ちは残飯回復に頼ることにした。

それでも眠るを切らないのは、ナットレイ+ブルンゲルの並びに対して圧倒的な安定感が欲しかったからである。眠るがない場合、もし熱湯ブルンゲルが相手ならナットレイが火傷すると負けが決まってしまうだろう。ナットレイが十分に削られていれば強引に落とされることもあるかもしれない。

しかし、眠るがあればそういった心配がなく、相手のナットレイへの処理ソースさえ断てればほぼ確実に勝ちが決まる。ニョロトノの滅びの歌と合わせて嵌め殺すのにも役立つ。

瞑想クレセリアや溶けるブルンゲルといった積んで詰ませるポケモン(通称:積み詰み)を構築に入れることで、終盤の択勝負に突入する前に勝負を決める勝ち筋を最近は考えて来たが、この鈍い眠るナットレイも紛れもないその積み詰みの一種である。

このポケモンを採用することで、対ナットレイの勝ち筋が「バシャーモで処理する」だけでなく「相手のナットレイへの処理ソースを断ってナットレイミラーを制してで詰ませる」が加わった。これは立ち回りの安心感にも与える影響が大きかったようで、結果的に有効な場面でバシャーモで果敢に飛び膝を打ち勝負を早々に決める回数が増えたように思う。


・ジバコイル
実は一番しっくりしてない枠。眼鏡も持てず、相棒の追い風役やトリル始動もいないので性能を最大限に発揮できているとはとても言えない。それでも頑丈を活かしたストッパー役としては十分に活躍してくれたポケモンで、バシャーモミラーを制すのに役立ったり、相手のトリルターンを確実に1ターン潰しながら反撃できるなど活躍しない試合はほとんどなかった。

S操作がなくともより腐らないようにスカーフジバコイルの採用も検討したが、スカーフを持たせるなら臆病にする必要があり、強化アイテムも持てないので火力不足が目に見えて見送り。相手のトリル展開もケアできるポケモンなので、スカーフにしてその強みを減らすのも気になった。

道具は電気ジュエルでもいいだろうが、持ち物が割れにくい方が嫌がられると思ったので磁石にしてある。


成果・感想
このゲロゲ豪雨をレート対戦で使い続けて、気づけばGBUランキングの第4位まで昇ることができた。
レートは5月15日更新時点で1764。

gbu

分かりやすい強さの指標になるのでこちらで報告。
過去に週末大会決勝に連続で上がったときも雨パを使っていたし、自分には雨構築が一番合っているのかもしれない。自分に馴染む構築を使ったときの疾走感をもう一度思い出させてくれたゲロゲ豪雨は間違いなくお気に入りの構築の一つとして記憶に残るだろう。

最後に構築のマスコットであるガマゲロゲ用オタマロを孵化してくれたみーたろさんにお礼を述べたい。ぬおーから生まれたオタマロは元気です!ありがとう!
おわり

※くっそ長い記事になってすいませんでした
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

( ◕´◡`◕ ≡ ◕´◡`◕ )

トラックバック

まとめtyaiました【ゲロゲ豪雨パ】

ゲロゲ豪雨  構成◆ニョロトノ@オボンのみ生意気197(252)-x-127(252)-110-133(4)-67なみのり/さいみんじゅつ/ほろびのうた/まもるA187ドリュウズの剣舞地震が 確2C182ラティオスの眼鏡竜波動がオボン込みで 乱2 (13.48%)◆ガマゲロゲ@こだわりメガネ臆病181(4)-x-9...

ゴロー

ポケモンサンムーンでローテーションバトルが無くなったため、Unityを使ってローテアプリを作ることにしました。