BW2 ローテ格付けver.8

(BW)ローテ64
10 /10 2012
BW2 ローテ格付けver.8

【Sランク】自身が強力かつ障害を解決してくれるため周りと強力な並びを作りやすい/採用優先度が最高
ラティオスnガブ@スカーフ2 ヒードランn 
 
【A1ランク】 殴り役を重視/周りとの兼ね合い次第で強力な並びを作れる/採用優先度が高い
カイリューガブ@襷ガブ@珠バンギラスnメタグロスnコバルオンnFCボルトロスnバシャーモユキノオーnキノガッサnハッサムシュバルゴnナットレイn    
【A2ランク】補助役を重視/周りとの兼ね合い次第で強力な並びを作れる/採用優先度が高い
クレセリアnライコウnスイクンボルトロスnニョロトノnブルンゲルオスnシャンデラnサマヨールn

【B1ランク】 殴り役を重視/強力な並びを作るのがあまり簡単ではない/仮想敵としては重視する
ガブ@粉ガブ@鉢巻FCランドロスnテラキオンnサンダーnトルネロスnファイヤートゲキッスキングドラnガマゲロゲ通常ドリュウズnWロトムnジバコイルnローブシンnカイリキーnパルシェンnキュウコンnラッキー

【B2ランク】補助役を重視/強力な並びを作るのがあまり簡単ではない/仮想敵としては重視する
ラティアスnユクシーnドータクンnエルフーンnモロバレルn

【C1ランク】殴り役を重視/ 強力な並びを作るのが難しいが採用出来ないことはない
サザンドラ ランドロス 霊獣トルネロス ビリジオン ウルガモス オノノクス 炎ロトム 草ロトム エンペルト マンムー ドサイドン ゴローニャ ニドクイン ボスゴドラ ラムパルド ムクホーク ガラガラ カビゴン ランクルス スターミー ココロモリ ヌオー  ココドラ

【C2ランク】補助役を重視/強力な並びを作るのが難しいが採用出来ないことはない
アグノム サンダース カバルドン フシギバナ シャワーズ ママンボウ ムウマ 
解説
やはりローテーションバトルは「並び vs 並び」が基本となるので、「どれだけ強い並びになるか、強い並びを作りやすいかどうか」を重視して格付けを決めた。「強い並び」の「強い」とは、「対応範囲が広く有利に立てる相手が多い」ことを指すくらいに思えばよい。殴り役同士の優劣または補助役同士の優劣なら比べやすいが、殴り役と補助役を比較して優劣を決めるのは難しいのでAランク以下で区別した。
ガブリアスは持ち物によって性能がまるで違ってくるため、持ち物ごとに格付け及び解説をすることにした。

Sランク
・ラティオス
 格闘全般、ガブリアス(スカーフを除く)、水ロトム、霊獣ボルトロス、モロバレル等を基本的に圧倒できる性能のため組ませられるポケモンが多く強い並びを作りやすい。最も単体性能が高くなる型が眼鏡型で、竜波動/流星群/サイコキネシス or サイコショックが確定、残りは波乗り/トリックの選択が多い。命の珠を持って波乗りや草結びで範囲を取るものや、瞑想を積んでヒードランを無理やり突破してくる型も見る。数値的に惜しいが気合の襷持ちやスカーフ持ち、殴るだけでなく追い風や壁張りをしてくるものもごく稀に見るため、型の判別も含めて対処が難しい相手である。基本的には眼鏡6割、珠3割、その他1割 くらいに考えれば十分だろう。
 構築に組み込む際に気を付けるべきは、相手のラティオスを含む並びへの対応力。例えばラティオスハッサムを使ってるときには相手のラティオスヒードランに不利を強いられてしまう。強力なポケモンだけにミラーを普段以上に重視して組む必要があるだろう。

・ガブリアス@スカーフ
 スカーフガブリアスは対ラティオス性能を最も買われて採用される。ラティオスを上から即処理できてラティオスの取り巻きに即処理されないポケモンはスカーフガブリアスを除いてほぼ存在せず、故によく好んで採用される。また、舞カイリュー等のストッパーになったり相手を削ってから逆鱗でぶち抜いたりと活躍する場面は多様。霰や無天候スタン系で好まれて採用されるが、相手のガブリアスが重たくなる砂パに入れても強い。技は 地震/逆鱗 が確定。ダブルチョップ or ドラゴンクロー or ストーンエッジ から2つ選択される。特性サメ肌が追加されてからは、ハッサムコバルオンといった苦手な相手への耐性が微増するサメ肌を砂パ以外でよく見る。
 基本的に竜技に拘ることが多いため、コバルオン、ハッサム、メタグロス、ナットレイといったポケモンの相手は苦手で呪われボディブルンゲルも事故の元になるので辛い。これらに満遍なく強いサンダーや水ロトム、ヒードランといったポケモンと組まれることが多い。

・ヒードラン
 弱点を突いて即処理するのが難しいポケモンである、ナットレイ、モロバレル、ハッサム、シュバルゴ辺りに圧倒的に強いのが頼もしい。また、相手側に突破手段がない訳ではないが、ユキノオー、パルシェン、シャンデラ、クレセリアに基本的に強い。これら全てのポケモンを1匹で見れるヒードランは構築上の諸問題を一気に解決してくれるため強い並びを作りやすい。炎技/竜波動 が確定で入り、残りは 大地の力/挑発/身代わり から2つ選択が多い。ヒードランミラーに弱くならないように最速に振ったものが多く、残りを耐久に振ったもの多数に火力に振ったもの少数で存在する。ごく稀に眼鏡を持って竜の波動でラティガブを1発で処理しにくる型も見る。身代わりや挑発の小技が厄介なので、相手のヒードランに隙を見せすぎないように注意したい。
 自分より遅い相手には身代わりを張れるのでそう不利ではないが、早い格闘、水、地面打点持ちに弱いのが使う側としては気がかり。しかし、これらを解決できるポケモンにラティカイリューのような強力なポケモンを選べるためやはり強い並びを作りやすいのでSランク。

Aランク
・カイリュー
 高い攻撃性能、マルチスケイルによる行動保証、上位積み技である竜舞、上位先制技である神速、どれを取っても強いのに全部を備えている化け物。Sが80族であまり早くないが、これを逆手に取ってスイッチトリル気味の構築で竜舞エースとトリル下エースを兼ねて運用されることも多く、竜舞時に麻痺してもトリルから立て直せるので強力な戦術である。スイッチ運用の関係から、またスカーフガブリアスの増加により竜舞できるタイミングが減ったので、舞わずとも殴りに行きやすいドラゴンジュエル持ちが流行のようだ。構成は AS ドラクロ/逆鱗/神速/竜舞 がテンプレで最も強い。舞ジュエルドラクロ(≒舞逆鱗≒ジュエル逆鱗)でHロトムやHバレルを確殺できる意地っ張りが最も性能が高くなると考えられるが、陽気も見ない訳ではない。舞う前提で強い命の珠持ちや、舞いやすくするラムの実持ちもしばしば見る。
 このように高い性能を持つポケモンだが、最上位ポケモンである眼鏡流星群ラティオスやスカガブに弱い並びを作りやすく、またモロバレルや
カイリキー、スカーフトゲキッスといった害悪への耐性が低いため味方の負担が増えるのも否めない。その点を差し引いてAランクにしたが、同ランク内ではトップクラスの性能である。ナットレイの相手が特に辛いため、構築の際はヒードランやコバルオンなどと組まれることが多い。

・ガブリアス@気合の襷
 気合の襷が余っている構築に補完的に入ってくる立ち位置。ガブリアスのタイマン性能を高めつつ即殴りもよし、舞ってから殴ってもよし、と言いたい型だが、その見極めがシビアで使いやすいポケモンとは言えない。しかし、周りのポケモンのステータスが既に高い構築(例えばバンギラス、クレセリア、ラティオス、ハッサム、サンダーのような)に補完でガブリアスを入れるのは構築全体を十分に強くするためそれなりに強い。ラティオスに弱過ぎない、剣舞を持って技を切り替えられるのでクレセリアやナットブルンに弱くない、といった所を見て採用される。技は ダブルチョップ or ドラゴンクロー/じしん/逆鱗/剣舞 でよいだろう。もしかしたら無邪気にして流星群や大文字を持つ場合もあるにはあるかもしれない。なお、先制技全盛のため襷に任せて強引に舞って相手を倒し切る勝ち筋は通しににくく難しい。

・ガブリアス@命の珠
 陽気ASに珠を持たせると、ダブルチョップでガブリアスが確定、地震でHバンギやHグロスが一発という、非常に高い攻撃性能を得ることができる。また、身代わりを持てるので相手の電気技や岩技、催眠技を始めとする変化技を起点に身代わりを残せるのでジバコバレルのような並びに解答を得やすい。剣舞を持つもの決まりにくいが決まってしまえば剣舞珠地震でブルンゲルを落とせる突破力を得ることができる。構成は ダブルチョップ/地震 がほぼ確定で残りは 身代わり/逆鱗/剣舞 から選択。バンギと組ませて身代わりするか、雨パに入れて電気の一貫を下げつつ相手の砂嵐を起点にしたいため、砂隠れでの採用が濃厚に見える。

・バンギラス
 弱点に格闘地面水鋼のメジャー所が含まれる上、他のルールと違って苦手な相手との対峙を必ず避けられるという訳ではないので「強い相手に圧倒的に強い」というバンギラスの強みをローテでは発揮しにくく、下手をするとすぐ死んで安定しない。が、特性の砂起しが非常に強力でパルシェンや襷シャンデラ、月光クレセリアといった物凄く面倒な相手への圧力を格段に上げてくれる。また、耐性は悪いが攻撃性能は高いため、トリックルームや追い風、電磁波などで行動保証をしてあげるとよく活躍してくれるためAランクには間違いない性能。場持ちが不安定なポケモンなので、持ち物は動いた際に取れるアドが最大になる鉢巻と、最低限の行動保証が得られる気合の襷が人気なようだ。ニョロトノ相手に初手天候を取れないのは辛いためSを下げてるものが多いが、後ろから投げる前提でSを上げてるバンギラスも居るため初見での判断は非常に困難。型も物理基調から特殊基調、両刀、竜舞、電磁波、稀に鉄球持ちといるため、安全に対処するは簡単ではない。

・メタグロス
 拘り鉢巻持ちのメタグロスのみを評価してAランクに据えた。鉢巻を持たないと火力も耐久も機動も中途半端なポケモンだが、鉢巻を持つことで コメットパンチ/思念の頭突き/アームハンマー の3種のメインウェポンの範囲に加えて鋼の耐性を持つ重戦車アタッカーに変貌する。コメットパンチはラティを含む並びを、思念の頭突きはモロバレルを含む並びを、アームハンマーはナットレイを含む並びをそれぞれ見ることができる。難点はどの攻撃技も命中が90以下であることだが、これはもうメタグロスを採用するなら甘んじて受け入れなければならないだろう。最後の技枠には、バレットパンチ/アイアンヘッド/冷凍パンチ から選択。
 弱点が少ないので光の壁とも相性がよく、麻痺やトリルと組み合わせて行動回数を増やせば更に活躍する。組ませるトリル役としてはヒードランに弱くないブルンゲルが筆頭だが、組み方次第ではクレセリアや他のトリル始動とも組ませられるだろう。

※ここまで書いて疲れてしまったので気が向いたら続きを書きます


※比較用
ローテ格付けver.7(BW環境最終)

スポンサーサイト
テーマ:ポケットモンスターブラック2・ホワイト2 - ジャンル:ゲーム
Comment - 0 Trackback - 0

コメント

非公開コメント

トラックバック

ゴロー

ポケモンサンムーンでローテーションバトルが無くなったため、Unityを使ってローテアプリを作ることにしました。