種族値マッチョパ(バンギガブ)

(BW)PT紹介
11 /01 2012
種族値マッチョパ(バンギガブ)
バンギラスnガブリアス ラティオスn メタグロスnサンダーn スイクン    &

構築
※乱数で落ちる確率は、急所率込み&命中率考慮外
バンギラス気合の襷勇敢 207(252)-204(252)-130-x-121(4)-59
バンギラスn砂起しかみくだくストーンエッジけたぐりすなあらし
エッジで193-127ヒードランを 乱2 (79.40%) ※急所+1&命中込67.36%
けたぐり+ガブの逆鱗で193-127ヒードランを 確殺
ガブリアスラムのみ陽気 183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)
ガブリアス砂隠れげきりんじしんみがわりつるぎのまい
剣舞地震で175-121ハッサムを 乱1 (13/16)
剣舞逆鱗で193-127ヒードランを確2
ラティオス拘り眼鏡臆病 155-x-101(4)-182(252)-130-178(252)
ラティオスnふゆうりゅうのはどうサイコキネシスなみのりりゅうせいぐん
竜星群で167-120カイリューを余裕を持って 確1
竜波動でHキノガッサを余裕を持って 確1
メタグロス拘り鉢巻意地っ張り 185(236)-187(116)-151(4)-x-128(140)-92(12)
メタグロスnクリアボディコメットパンチしねんのずつきアームハンマーバレットパンチ
コメットパンチで155-101ラティオスを 確1
C200ジバコイルの眼鏡かみなりが 乱1 (1/16)
サンダーゴツゴツメット臆病 190(196)-x-133(224)-150(36)-110-139(52)
サンダーnプレッシャー10まんボルトめざパ氷ねっぷうはねやすめ
めざ氷+ゴツメで183-105ガブリアスを 確1
A204カイリューの竜舞逆鱗+天候ダメージが 乱1 (13/16)
スイクンソクノのみ呑気 205(236)-x-154(36)-132(172)-137(12)-100(52)
スイクンプレッシャーハイドロポンプれいとうビームぜったいれいどおいかぜ
冷凍ビームで183-105ガブリアスを 乱1 (15/16)
A204カイリューの舞珠逆鱗が 乱1 (1/16)

全体解説 
種族値580以上のポケモンだけで組んでみたコンセプトパ。見た目も種族値もゴツいのでマッチョパと呼ぶことにする。数値の高さは対応範囲の広さに繋がるので適当に面子を揃えても通用するのだが、疎かになりやすい所謂「害悪」耐性やトリパ耐性を確保することを意識して組んだ。

まず、特にパルシェンとカイリキーを意識してバンギラスとラティオスを採用。更にバンギラスとシナジーが分かりやすい砂隠れガブリアス、そして追い風役にスイクンを採用。バンギラス+身代わりガブリアスだと天候を取ってしまえばガブリアスで広い種類の雨パを蹂躙出来るので立ち回り方針が立ちやすい利点を買った(パルシェン入りだとまだ不十分)。

さて、対ハッサム・ナットレイと対トリパ薄いので、耐久に厚めに振った熱風羽休めサンダーを採用。羽休め連打で何とかトリルターンをやり過ごして切れた所をガブリアスで蹂躙するなどして勝負を決めたい。ゴツメめざ氷でガブリアスを1発に出来るので、ガブリアスがスカーフだろうと鉢巻だろうと撃ち合いで勝てる。

6匹目はメタグロスかコバルオンで選択と思われるが、ラティオスに厚くしたいならメタグロス、ヒードランに厚くしたいならコバルオンなので、ラティオスへの打点が足りてない今回はメタグロスを採用することにした。

最後に悩んだのがスイクンの型。水技/冷凍B or 絶対零度/日本晴れ/追い風 で考えていたのだが、ガブリアス(特にスカーフガブリアス)を即処理できる手段が明らかに足りないので冷凍ビームを持たせたいが、サンダーだけではまだ不足感が残る対トリパ耐性を考えると絶対零度も欲しい。そこで日本晴れを切って、冷凍Bと絶対零度の両方を搭載することにした。代わりに襷バンギラスを最遅にして砂嵐を覚えさせた。これで対雨で2回天候が取れる(鉄球トノだった場合は1回だが)。

個別解説 
★バンギラス
便利屋として好んで採用する襷バンギラス。持論として「バンギラスは砂を撒くだけでノルマ達成くらいまで負担を軽くした方が、構築として安定した強さが得られる」と考えているので、それを体現した襷バンギラスが構築によく入る。物理型の襷だと接触攻撃で襷が潰れやすい欠点が目についてしまうが、特殊型にすると今度はそれ以上に対ヒードラン性能ががくっと落ちるのが足を引っ張るため(ラティオスも悪波動では落ちない)、物理型での採用が適当だと信じている。スイクンから手動天候変化を切った関係でバンギラスに砂嵐を覚えさせ、特に対雨で2回天候を握れるようにしてある。今やバンギと組んでないガブリアスはほとんどサメ肌なので、積極的に砂を撒いていいだろう(それでもし避けられたら運が悪かったと思おう)。

★ガブリアス
前回の記事でも紹介した身代わり剣舞逆鱗ガブリアス。技構成の候補はいくつかあって、身代わりを切ってダブルチョップを入れたり、持ち物をドラゴンジュエルや光の粉にしても匹敵する活躍が出来るだろう。ラムの実にすると、ノーガード爆裂パンチカイリキーを前にしても剣舞や隣のバンギラスを狙って地震を撃てたり、また不意の火傷を回復できるだけでなく、逆鱗の混乱も回復できるのでこの技構成だと腐りにくいのが利点。一番気を付けなければならないのは、身代わりを挟まずに剣舞すべきかどうか、剣舞をせずに身代わりを残したまま攻撃に移るべきかどうか、そこらへんの見極めである。徒に身代わりを連打してて気付いたら先制技圏内に入って何もせずに死んでしまった、というのが最悪の使い方。

     ロギア
「自分を無敵と勘違いした"剣舞身代型"の寿命は短い」

★ラティオス
一番強いラティオスの型を採用した。波乗りかトリックの選択だが、対ヒードランで役立つ場面があるので波乗りを選択(削れてない状態だと耐えられるので過信はできない)。

★メタグロス
ややジバコイルに薄かったので眼鏡かみなりを耐えるまでDに振った。本当はもっと振りたい所なのだが、数値が余らないので仕方がない。特にバンギラス+ラティオスの並びを見て選出していったり、4匹目に選出してカイリュー等へのストッパー役として働く機会が多くなるだろう。
※備考
追い風で最速ライコウ抜き
アムハン後S61<最遅ハッサムS63

★サンダー
補完的に電気飛行が欲しくなる枠だが、ハッサムを始めとする鋼タイプに最も強くなる熱風サンダーを採用。全体的にトリルに薄いので、相手のトリル展開に出来るだけ強くなる場持ち重視の型で採用。ガブリアス+鋼の並びに比較的強いのも嬉しい。Sに振ると相手の霊獣ボルトに先手で羽休めが出来るようになるが、そうすると肝心のトリル耐性が落ちるので諦めて耐久に回している。
※備考
最速ガマゲロゲ抜き

★スイクン
羽休めサンダーだけでは対トリルに不利になるので、絶対零度スイクンを配備。クレセリアやサマヨールを含む低速の並びには積極的に撃っていこう。零度だけでなくCに振ったドロポン冷凍ビームも強く、また積んだガブで一掃を狙う場合に追い風が役立つので臨機応変に活躍させたい。
※備考
追い風で竜舞準速カイリュー抜き


ダメージ計算
ガブリアス、ハッサム、ヒードランを複合ダメージで処理する場合の目安となる表を作成した。黄で示した攻撃は5割程度削り2発当てれば倒せる、紫で示した攻撃は7割程度削り、水色で示した攻撃と合わせれば凡そ倒せるという目安になる。
対183.-116-105ガブリアス最低ダメージ割合
ラティ/波乗り50.8%
グロス/アムハン49.7%
ガブ/地震49.2%
スイクン/ドロポン46.4%
グロス/コメパン74.3%
ラティ/サイキネ72.1%
グロス/バレパン30.1%
サンダー/熱風+ゴツメ29.5%
バンギ/けたぐり29.0%
バンギ/エッジ27.3%

対167.-121-112ハッサム最低ダメージ割合
サンダー/10万V+ゴツメ58.1%
ラティ/竜星群57.5%
バンギ/エッジ57.5%
グロス/アムハン52.1%
ラティ/波乗り52.1%
ガブ/地震50.9%
スイクン/ドロポン48.5%
バンギ/けたぐり38.3%
ラティオス/竜波動37.1%
メタグロス/思念31.1%
ガブ/逆鱗30.5%

対193.-127-127ヒードラン最低ダメージ割合
ガブ/剣舞逆鱗50.3%
バンギ/エッジ47.2%
ラティ/波乗り79.8%
バンギ/けたぐり75.6%
スイクン/ドロポン72.5%
サンダー/10万V33.2%
ラティオス/竜波動28.0%
ガブリアス/逆鱗24.9%

融通点
・ガブリアス ラムの実⇔光の粉、ドラゴンジュエル、命の珠
・ラティオス 波乗り⇔トリック

感想
数値の高さは対応範囲の広さという言葉通り不利になる相手がほとんどいなく多くの相手と互角以上に戦えた。しかし、サンダーに等倍以上を取れる面子で揃えられたトリパ相手には本当に絶対零度を当てるかガブで避けまくるしか勝ち目がないので、メタグロスをドータクンにするなどで補う組み方も考えたいと思った。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ゴロー

ポケモンサンムーンでローテーションバトルが無くなったため、Unityを使ってローテアプリを作ることにしました。