FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホローテの進捗

未分類
10 /05 2017
一部進んできたので、今の状況を紹介します。

ポ◯モンのローテーションバトルの復活を掲げて始まったプロジェクトでしたが、紆余曲折を経てアレンジが多めに入ってきました。

大きな変更点は、スキル選択のUIをカードゲーム調に変えました。

◆スキル選択の仕様
・4スキル×3体、計12枚のスキルカードを山札として、そこから引いた6枚が手札となります。
・試合開始時にカードを引き直すこと(マリガン)ができます。マリガンで捨てたカードは墓地に行きます。
・手札の6枚全てをマリガンすると全てのカードを引くことになるため、1ターン目に必ず使いたいスキルを必ず手札に確保することができます。
・山札が無くなると墓地のカードをシャッフルしてそれが山札になります。
・試合中は、毎ターン1枚のカードを使用し、新しいカードを引き直します。


◆仕様アレンジの背景
オリジナルのローテーションバトルは12個の技から選択しますが、これは慣れてない人にとってはタフなアクションになります。特に、スマホで遊ぶゲームとなるため、プレイヤーの思考に過度な負担を避ける必要があると考えました。

よくシャドウバースを遊ぶのですが、シャドウバースのようなカードゲームの場合、そのターンの手札によって選択肢が絞り込まれ、あまり迷わずにカードを「プレイ」することができます。

この仕組みをヒントに、ローテ風ゲームでも「手札」の概念を導入し、そのターンに選べる選択肢を絞り込むことにしました。

より具体的には、今までは「10まんボルト」「めざめるパワー氷」「地震」「ドラゴンクロー」の4択からどれを選ぶかで苦悶していたのが、「10まんボルト」と「じしん」しか手札にないので、選択肢を吟味する負担が減ることになります。

しかしここで、1スキル1枚にしてしまうと、相手から見た時に「さっき10まんボルトを使ったから、もう手札に10まんボルトは残ってないな」と判断されてしまうとゲーム運びが難しくなります。

そこで、1体が習得するスキルは「重複ありで設定できる」仕様とする方向にしました。
つまり、相手のキャラクターは、

「10まんボルト」「ねっぷう」「はねやすめ」「おいかぜ」

かもしれませんし、

「10まんボルト」「10まんボルト」「10まんボルト」「おいかぜ」

かもしれません。

こうすることで、同じ技を連続して使う可能性も十分に確保できると思われます。

その他の細かい仕様についても詰めていますが、詳細は開発が進んでからお伝えしようと思います。




最後にマリガンの画面がある程度できあがってきたのでご紹介します。
※スキル名や固有能力名、装備道具名は仮のものです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ゴロー

ポケモンサンムーンでローテーションバトルが無くなったため、Unityを使ってローテアプリを作ることにしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。