ローションズ11

(BW)ローテ64
04 /22 2011
前々回の記事で総合KP集計結果を発表しましたが、総合だと昨年の11月までのKPまで集計しているので、最近の流行を反映した結果ではありません。

そこで、最近の4大会に絞ってKPを集計し、その結果から最近の流行りについて考察してみましょう。
上位11匹はこうなりました。

①ナットレイ
②ガブリアス
③サンダー
④ブルンゲル
⑤ヒードラン
⑥ラティオス
⑦バンギラス
⑧ローブブシン
⑨メタグロス
⑩スイクン
⑪ボルトロス
この11匹を、オーシャンズ11に対抗してローションズ11と名付けます。
ローテーションズ11だと語呂が悪いのでやや省略していますが、決して変な意味ではありません^-^
それにしても、なかなか個性的な面子がそろっていて、見ていて楽しいですね。

さらに、
⑫トルネロス
を加わるとローションズ12

⑬ラティアス
を加わるとローションズ13になります。ラティアスが紅一点。

すでにガチローテ環境でバリバリ対戦している方にとっては、見てもふーん、としか思えないリストかもしれません。
しかし、これからローテを始めよう、ローテを久々にやり直そうと思っている方にとっては、目安にできるものだと思います。

さらに加えて、目立った増加傾向にあるポケモンを取り上げます。

まずは④ブルンゲル。
総合KPでは7位でしたが、ここでは4位にランクインしています。
これは、ココドラとキッス、そして超火力で知られるバシャーモヒヒダルマキングドラパルシェン等への耐性があるポケモンとして評価されたのでしょう。
今後も10位以内をキープし続けるのは間違いないと思われます。

もう一匹、注目に値するポケモンがいます。
それは、⑫トルネロス。
総合KPの結果は19位でしたが、今回は12位。大きく順位を伸ばしています。
これは、入手難易度が下がったのはもちろんですが、数が多いラティとガブをまとめて上から殴れる点が評価されたからです。
ジュエルアクロバットでよく見るラティオスが丁度確定1になるため、トルネロスがいるだけでラティオスは使いにくくなります。
元々は雨パの面子として知られるトルネロスですが、アクロバットと追い風の汎用性がとても高いので、雨に限らず様々なPTに採用されやすいのも、順位を伸ばした理由でしょう。


現環境を把握するポイントとして、上位13匹のリスト、そして増加傾向にあるブルンゲルとトルネロスを取り上げました。
これらが環境把握の手助けになれば幸いです。おわり。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ゴロー

ポケモンサンムーンでローテーションバトルが無くなったため、Unityを使ってローテアプリを作ることにしました。